ブログ - 日本語

アナリティクスに関する聡明な考えに触れ、インサイトとアイデアが得られます。
Alteryx Community Team
Alteryx Community Team

データの収集、クレンジング、調査、および特徴量エンジニアリングの後、モデルのトレーニングを開始する前に、トレーニングに使用するデータを含まないモデルを評価する戦略を立てる必要があります。

詳細を読む...

Localization Blog Banner.jpg

 

2020.1 の分析を通じて世界を統一

詳細を読む...

Holistic Profiling Banner.jpg

 

これまで見たことのないようなデータプロファイル

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

利用シーンを考えるのが難しいけど、使いこなせるとワークフローの汎用性を高めるのに役立と便利なツールにDynamic Replaceがあります。
Dynamic Replaceで出来ることを見ていきましょう。

詳細を読む...

Alteryx Partner

MapboxからAlteryx用のマクロが複数発表されています。

詳細を読む...

Alteryx Alumni (Retired)

新年のスタートに向けて 2019.4 の詳細を把握し、ビジネスで最大の課題をより優れたビジョンで解決することに着手しましょう。   

詳細を読む...

Alteryx Alumni (Retired)
Alteryx Alumni (Retired)

Alteryx と Tableau は長年にわたって強力なパートナーシップを結んでおり、お客様がデータの問題を解き明かして確認し、理解する感動の体験を可能にしています。

詳細を読む...

Alteryx Community Team
Alteryx Community Team

Alteryx を使うと 今まで Excel の達人にしか出来なかった高度な技が簡単に使えるようになります。このレッスンを受けて Excelの達人の技を Alteryx で簡単にワークフローにして自動化しましょう!

詳細を読む...

Alteryx Alumni (Retired)

常にお客様の問題を解決するために Alteryx を使用している Alteryx ACE の小澤祐也さんにもお話を聞いてみましょう。最初のころはお客様から「 Alteryx をデータの前処理に使いたい」と言われていたのが、最近は「データの分析そのものに利用したい。データの準備に時間がかからなくなって余裕ができたので Alteryx を使用して AI など、今まで出来ていなかったことにチャレンジしたい」という声が聞かれるようになったそうです。

 

Alteryx Alumni (Retired)

クラスメソッド株式会社の大場 裕喜さん (@Hiroyshi) から Alteryx を使用した経験を聞いてみましょう。 クラスメソッドは日本の Alteryx パートナーで、ユーザーサポートのためだけではなく社内業務にも Alteryx を使用しています。裕喜さんはいつもユーザーのみなさんから「Alteryx を一度使うと Excel や Access にはもう戻れない」と言われるそうです。

 

Alteryx Alumni (Retired)

皆さんこんにちは!今日は Alteryx Community 2019年9月リリース(v19.7)を紹介したいと思います。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

Alteryx Communityの英語版にあるIDEASのご紹介です。

 

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

こんにちは。Saoriです。
以前、弊社ブログにて、Excel関数をAlteryxではどの関数またはツールを使うのか。
について対比記事を書きました。(その時の記事はこちら
 
その他にもExcelの関数はたくさんありますので、第二弾として書きたいと思います。
 
詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

データ入力ツールで複数のファイルをまとめて読み込み、データ出力ツールでデータを分けて出力する方法をご紹介します。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

AlteryxからTableauのRestAPIを叩いてServerの管理を楽にする話

 

今回は、TableauとAlteryxの連携ネタです。Tableau Serverの管理を楽にするために、Tableauが持つRestAPIをAlteryxから制御してみたいと思います。

 

  1. TableauのRestAPIとは?
  2. AlteryxでRestAPIを使うには
  3. 実際にやってみましょう

 

※本記事は弊社ブログ「【AlteryxTips】AlteryxからTableauServerのRestAPIを叩いてみる」の転載となります。

 

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

データ出力ツールからExcelファイルに出力する際、カテゴリ別にファイルを分けて出力する方法についてご紹介いたします。

 

 

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

yxiファイルをダブルクリックしてツールをインストールしようとした際、Windows側で長いファイルパスが有効になっていないためにエラーとなり、インストールに失敗することがあります。そんなとき、yxiファイルをall usersにインストールすることでエラーを回避できる可能性があります。その手順についてご紹介いたします。

 

 

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner

こんにちは。Saoriです。
初投稿です。よろしくお願いいたします。
 
今日はマーケティングを実施するのには欠かせない、顧客分析の手法の一つ、
「デシル分析」をAlteryxを使って、分析の流れ(ワークフロー)を作ってみたいと思います。 
 
--------記事--------
  • デシル分析とは
  • Alteryxでワークフローを作成
詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxの処理はInput Dataツールを使ってファイルやデータベースなどからデータを取得するところから始まることが多いです。
Input Dataツールをデータの入力はあらかじめワークフロー上で設定しておいたデータソースから取得することになります。

 

データ入力を行う際には常に同じものでいい、というわけではなく常に最新の情報に更新されていくものを都度利用したいという状況が多くあります。
その際、ワイルドカードを使って複数ファイルを同時に読み込むといったことも可能ですが対応できない状況もあります。

 

 

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxで扱うデータは、観測対象の種類ごとに列を定義し、1行のデータが実際に観測された値となります。

これは、データ分析をするうえで使いやすい形式なのですが、世の中で生成されるデータがすべて分析のために生まれたというわけではないためこの形式になっているとは限りません。

 

単純に列名の情報がない(列名のみの別データやドキュメントを参照する必要がある)といった状況から、固定の数の列で表されてないもの、集計された後の結果、人間にとって見やすくなるように整形されたものなど、様々あります。
それらももちろんデータです。データには有益な情報が含まれているため分析で活用したい場面も多くあります。

 

Alteryxでは、上記のようなデータ構造のみを扱うため、最初に整形してやる必要があります。
そういった場面で活躍するシーンが多いのがDynamic Renameツールです。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Analytic Appやマクロは再利用されることが前提となるため、ワークフロー作成時にはどのようなデータが入力として与えられるかわからない場合があります。
定期的に同じフォーマットで生成されるデータに対する処理などであれば、常に同じ形式のデータを想定していればいいわけですが、ある日列の増減があったりする場合もあります。
また、汎用的に作られたマクロなんかだとそもそも受け取る可能性のあるデータなんて予想できません。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxではワークフロー内でループを行うような処理を作成できません。
データ分析のためのツールであるという性質上、処理内容はVectorizeされたもので実現できるため困る場面はあまり多くはありません。

 

しかし、中には同じデータに対して繰り返し処理を実行した結果を求めたい場合があります。
これは、データ分析の中では

 

  • ある値が収束するまで計算を繰り返す
  • 直前の行の計算結果を利用する必要がある

 

といった場面が考えられます。
後者の場合Multi-Row Formulaツールを活用するなどで実現できますが、前者の場合通常のワークフローのみでは難しくなります。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxではワークフロー内でループを行うような処理を作成できません。
データ分析のためのツールであるという性質上、処理内容はVectorizeされたもので実現できるため困る場面はあまり多くはありません。
多くはありませんが、例として以下のような場面を考えてみましょう。

 

  • Amazon S3 Downloadツールを使ってS3上にある複数のファイルを読み込みたい
  • 構造を微妙に異なる似たようなデータのファイルを複数同時に読み込みたい

通常であれば複数ファイルを読み込む際はワイルドカードを利用することで実現可能ですが、上記のような例の場合それではうまくいきません。
Amazon S3 Donwloadツールはワイルドカードに対応していませんし、Input Dataツールで複数ファイルを読み込む際は形式が一致してる必要があります。
バッチマクロを利用すると読み込み対象のファイルリストさえ用意すれば個別のファイルごとに処理が実行され、その結果を1つにまとめることが可能になります。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

AlteryxのPredictive系ツールで作成したモデルはScoreツールを利用することで未知のデータに対する予測値を出力できます。
また、これらのPredictive系ツールはどのような学習結果になったかのレポートも同時に出力します。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxでは高度な分析を行うためにRやPythonのコードを記述して実行可能です。
これらのツールはAlteryxでは"コードフレンドリー"と称される機能の1つで、Alteryx Designerの中での利用機会はそれほど多くありません。
しかし、予測分析や機械学習、AIなどの仕組みを実現するための方法としてAlteryx内部でも利用されているツールとなります。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

作成したマクロを配布する際には、yxmcファイルをそのまま共有したりPublic GalleryやAlteryx Serverにアップロードしたりといった方法があります。
これは非常に簡単な方法ですが、マクロの中で別なマクロを作成して利用していたり、HTML GUIを使ったマクロだったりすると、配布すべき対象が増えてしまい管理が煩雑になります。

 

yxiファイルを作成することでそれらの依存ファイルをまとめて1つのファイルとしてパッケージングできるとともに、Alteryxから利用可能となるよう簡単インストールできます。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

通常、Alteryxで作成したマクロはインターフェースデザイナーでレイアウトを決めます。

 

インターフェースデザイナーでは、設置されたインターフェースツールに基づいて項目が自動生成されるほか、項目のグループ化やタブの作成が行えます。
しかし、UIとしての見た目の変更は柔軟には行えません。
また、設定画面自体に何らかの動作をさせることはできません。

 

これは例えば、Google Sheetsツールで実現しているような

 

  • 設定画面で認証を行う
  • 認証後画面が遷移して一覧から読み込むスプレッドシートを選択

のような設定画面はこの機能のみでは実現できないことを意味します。
こういった仕組みを実現するには設定画面をHTMLを使って構築し、JavaScriptによって内部処理を行う必要があります。

詳細を読む...