ブログ - 日本語

アナリティクスに関する聡明な考えに触れ、インサイトとアイデアが得られます。

20.3 Blog Banner.png

 

今四半期の最新リリース「Alteryx 2020.3」を、皆様にお届けできることを非常に嬉しく思っています。 この夏、Alteryxのプロダクトチームとエンジニアリングチームは、リリースされてまだ間もないAlteryx Analytics HubとIntelligence Suiteのさらなるイノベーションを実現しました。 本リリースは、2020.2の四半期リリースの改良点と相まって、さらに使い勝手よく進化を遂げています。

 

皆様のフィードバック、提案、ユニークなユースケースがあったからこそ、本リリースの方向性と、アナリティック・プロセス・オートメーションのプラットフォームのロードマップを形作ることができました。 2020.3では、ソリューションをさらに合理化し、より短時間でデータから価値あるインサイトを引き出す機能を強化しました。 2020.3を数々の新機能をお試しになり、ぜひ下記のコメント欄で今回のリリースに関するフィードバックをお聞かせください。

 

 Intelligence Suiteのワンクリックモデリングオプション

Alteryxの高度な分析でユーザーエクスペリエンスを向上できることを、私たちは日々願っています。 2020.3では、アシスト付きモデリングツール内で自動化モードを選択し、ワンクリックで最適化された機械学習パイプラインが作成できるようになりました。

 

予測分析での問題解決は非常に骨が折れる作業です。ただし、各ステップで活用できる適切なツールがあれば、状況は一変します。 新しい自動化モードのオプションでは、最先端のデータサイエンスを活用して、最適なアルゴリズム、データ特徴、および変換を決定し、精度とパフォーマンスのバランスが取れたモデルを自動で作成することで、作業負荷を軽減できます。

自動モデリング、ステップバイステップのガイド付きモデリング、または機械学習ツールをキャンバスにドラッグ&ドロップして自分自身でモデルを構築を行うなどの多様なアプローチで、データから必要とするインサイトを引き出すことが可能です。

この機能の内容、用途、使い方に関しての詳細は、開発チームによる解説をご覧ください。

 

見逃せないテキストマイニングの仕掛け

請求書やアンケートなどのテキストデータを取り込むことができる、Intelligence SuiteのPDF読み取り機能は、多くのユーザーに活用されています。 2020.3では、この機能がさらにパワーアップし、PDF文書で一つの言語ではなく、複数の言語を含むテキストを選択し、読み取ることができるようになりました(Alteryxがサポートする全言語が対象)。 これにより、複数の言語での非構造化データを含むPDF文書を保有するグローバル企業は、あらゆるPDFから柔軟に価値を引き出すことができるようになります。

 

Snowflakeバルクローダーで分析を効率化

ベータプログラムに参加されたことのある方は、Snowflakeバルクローダーの機能強化をすでにご存知かもしれません。 2020.3では、Snowflakeバルクローダーツールが改良・拡張され、Snowflakeの内部ステージを使用できるようになりました。 さて、どちらを選ぶかはあなた次第です! 従来のS3の外部ステージ経由でSnowflakeにデータを移動することも可能ですし、Snowflakeの内部ステージを活用し、データ転送の手間を省き、コスト削減を期待することもできるようになったのです。

 

Snowflakeとのパートナーシップや、本機能が欠かせないものとなる理由について、さらに詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

 

2020.3以降は検索置換でさらに快適に

コミュニティのスレッドでの発案をもとに、Designerに新たな機能が追加されることとなり、今四半期はその実装に向けて、全力を注いできました。 検索置換は、とてつもなく便利な生産性向上ツールです。ワークフロー内で行った置換をすべてのワークフローに反映することができ、無駄な時間を省いて夜もぐっすりと眠ることができるようになるでしょう。

共有ワークフローの注釈に使用されるコメントツール内の単語を入れ替えたり、数式ツール内のすべての式を編集したりする場合にも、検索置換を使えば一度で終わらせることができます。

 

Designer以外でも、Connectでの新しいバルク編集機能により、データカタログ内のアセットを検索し、説明、オーナーなどを簡単に置き換えることが可能です。

 

お好みのローカルフォーマットでの日付および時刻表示

Alteryxでは、ユーザーエクスペリエンスの向上を目的として、各国の言語でDesignerを使用できるように継続的な取り込みを行っています。20.3ではDesignerのさまざまな箇所に、国際的な日付/時刻の サポートが追加されました。 これにより、レポートヘッダー ツール、現在日時 ツール、式エディタのDateTimeParse 関数およびDateTimeFormat 関数で、国際的な日付/時刻のサポートをご利用いただけます。

 

このアップデートにより、日付/時刻フォーマットをお好きな言語の文字列フォーマットに変換したり、ワークフローの実行時に現在の日付/時刻をお好みのフォーマットと言語で入力したり、式エディタを使うツールで解析やフォーマット化を行う際に希望の言語を指定したりすることができるようになりました。 グローバルチームの分析の統合において、こうしたニュアンスがどれほどまでに大きな違いをもたらすかを理解しているAlteryxだからこそ、こうした点にも力を入れています。

 

データカタログの新検索ツール

ワークフローを構成するツールの全リストを1ページに表示し、組織のワークフロー内で使用されているツールを透過的に把握できるようになりました。 例えば、あるツールから他のツールへの移行が必要な場合に、この機能を使用すれば、シームレスかつシンプルに移行できるようになります。

 

いつでもどこでもAMPで強化されたワークフローを実行

 前四半期には、新たにAMP Engineがリリースされました。 これにより、Alteryxの一部のツールにおいて、最新のマルチスレッド技術を利用することができるようになりました。 20.3ではプラットフォーム全体でAMPをサポートするための開発を進め、サーバー上でAMPに対応しているワークフローの横には稲妻のインジケータが表示されるようになりました。

 

今すぐ分析をアップグレードしましょう!

最新バージョン2020.3へのアップグレードで、時間をインサイトに変えましょう。 このブログで取り上げた新機能の詳細やその他の情報に関してはテクニカルドキュメントも併せてご覧ください。 フィードバックをお聞かせください! 本リリースについてのご意見やアイデアをコミュニティのディスカッションフォーラムでぜひご共有ください。

 

すでにAlteryxをご利用中のお客様は、パブリックプレビュー・ベータ・プログラムにご参加いただくことで、リリース前の最新機能を誰よりも早くお試しいただけます。 Alteryxをご利用になったことのないお客様は、無料トライアルでAlteryx Designerの実力をぜひご体感ください。

 

こちらもチェック まだAltexyの新製品をお試しになったことのない方は、ぜひ以下をお読みください!

  • 新しいAlteryx Intelligence Suiteの詳細をもっと知りたいですか?それとも、問題解決スキルを次のレベルに引き上げたいですか? サポートコンタクトポータルにアクセスし、Intelligence Suiteへのアクセスをリクエスト」を選択してください。 コミュニティで公開されている他のユーザーのIntelligence Suiteのユースケースを読んで、彼らがどのように新しいツールに夢中になっているかを確認したり、新しいスターターキットで問題解決に取り組んでみましょう

  • Alteryx Analytics Hubがどのようにあなたの組織を向上させ、組織全体のデータワーカーを統合させるのか、興味がありますか? それであれば、ディスカッションボードでユーザーの生の声に耳を傾けてみませんか。

  • AMPエンジンのマルチスレッド技術を活用した新ツール(レコード選択、レコードカウント、加重平均、現在日時、ランダム%サンプリング、サンプル作成ツール)で、さらに高速な問題解決を実現しましょう。

 

#TogetherWeSolve