ナレッジベース - 日本語

エキスパートから学ぶ。
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、フォーミュラツールについて深く掘り下げて説明します。   データブレンディング、データ変換、データクレンジング・・・数値データを公式に適用する、 テキストフィールドで文字列操作を実行する(不要な文字の削除など)、または空間データを集約するなどの場合は、フォーミュラツール を使いましょう。 以下に示す例を使用すると、フォーミュラツールの多くの機能を活用できるようになります。   Use DateTime functions when time is of the essence Write conditional statements Apply spatial functions instead of using the spatial tool palette Leverage the Modulo (mod) function for reshapes and calculations Round numeric values Remove leading zeroes from your data Convert numerics from scientific (E) notation   それだけではありません。フォーミュラツールとそれに対応する 複数行フォーミュラツール または 複数フィールドフォーミュラツール は、データセットを操作するためのワンストップショップです。選択できる関数は他にもたくさんあります。特に文字列を使用している場合は、Working with Strings in Alteryx の Live Training が役立ちます。データセットを整理する場合は、データクレンジングツール (こちら)を最初に使用して、 データ内の null の置き換え、 大文字と小文字の変更、 選択したフィールド全体で不要な文字の削除、または空白の削除などが行えます。   はじめに、フォーミュラツールののクイックツアーを以下でご案内します。   出力列   出力列は、式の左上隅で指定します。ドロップダウンメニューから既存の列名を選択して列を変更するか、新しい列名を入力して新しい列を作成できます。     データ型   新しいフィールドの既定のデータ型は、最大長の V_WString です。式エディターの下にあるドロップダウンメニューで、新しいフィールドのデータ型を変更できます。           式メニュー   式ウィンドウの左側にあるボタンの下に、関数、列と定数、最近の式と保存された式、式の保存メニューがあります。              式の順序   フォーミュラツールの式は、順番に実行されます。式の順序を変更するには(最小化または展開した場合)、ハンドルの上にマウスを移動します。       式をクリックして新しい場所にドラッグします(青い線は移動後の新しい位置を示します)。         これで式の順序が変更されました。式はフォーミュラツールで順番に実行されることに注意してください。また、一度に移動できる式は 1 つだけです。        式の削除   式を削除するには、式の横にあるカーソルをクリックして式を展開します。         次に、ゴミ箱アイコンをクリックして式を削除します。         フォーミュラツールに式を追加   式ウィンドウをクリックし、Ctrl + スペースを押して、すべての関数、定数、入力フィールドの完全なリストを表示します。       フォーミュラツールは、使用可能な関数、列、および定数のリストを表示します。         入力すると、結果が自動的にフィルタリングされます。  注:「dat」と入力すると、「dat」で始まる関数と「dat」を含む関数が返されます。       オートコンプリート   新しいオートコンプリート機能は、入力された内容に関連する関数を見つけます。 たとえば、ユーザーが関数を使用してaverage (平均) を計算したい場合、 「av ...」と入力すると、オートコンプリート関数に一致する関数が表示されます。        Enter キーを押して式を完成させます。       式に列を追加するには、次の 3 つの方法があります。   1. 列名を入力します 2. 列と定数ボタンを使用します。 列を追加するには、列と定数ボタン(1)をクリックし、 検索ウィンドウに列名を入力して列を検索し(2)、列をダブルクリックして式に挿入します(3) 列と定数名をダブルクリックして式に挿入します(3)     3. 式に左角かっこ([)を挿入すると、式に挿入できる列と定数のリストが表示されます。       完成した式       データプレビュー ワークフローが実行されるまで、データプレビューウィンドウは空白のままです(以前にアップストリームツールでワークフローが実行されていた場合は、データプレビューを使用できます)。       ワークフローを実行した後         後続のフォーミュラは、ワークフローを実行せずにデータをプレビューできます。注: フォーミュラにエラーが含まれている場合、データプレビューにエラーが表示されます。     フォーミュラ表示サイズ   CTRL +(プラス)キーを押すと、式のサイズが大きくなります。       CTRL -(マイナス)キーを押すと、式のサイズが小さくなります。         これで、フォーミュラツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに投稿したい場合は、community@alteryx.com までお知らせください。    Twitter で  Alteryx をフォロー して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください!Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、 メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、ユニークツールについて深く掘り下げて説明します。    雪の結晶とは異なり、データに関しては実際に重複が存在する可能性があります。データ内のレコードがユニーク、または重複しているかを区別するために、データを実際にユニークな雪の結晶に変換する ユニーク ツール という素晴らしいツールがあります。   コアツールの 1 つであるのユニークツールは非常に簡単に理解できます。設定では、ユニーク値を区別する列を選択します。1 つのフィールドのみが選択されている場合、その特定のフィールドでユニークなレコードのインスタンスのみが検索されます。2 つ以上の列が選択されている場合、データセットの一意性はレコードの組み合わせによって区別されます。U 出力には、選択したフィールドに応じてユニークなレコードのリストが表示され、D 出力には重複のリストが表示されます。各ユニークグループの最初のレコードは U 出力ストリームに送信され、残りのレコードは D 出力ストリームに送信されることを知っておくと役立ちます。       たとえば、「FirstName」と「LastName」の 2 つのフィールドを持つデータセットがあるとします。そして、「John Smith」と「John Johnson」 という 2 つのレコードがあります。設定で「FirstName」のみを選択した場合、どのレコードが最初に来たかに応じて、そのレコードがその U 出力ストリームに入り、もう一方が D ストリームから出てきます。「FirstName」 と「 LastName」 の両方を選択した場合、「John Smith」と「John Johnson」の両方が U 出力ストリームに表示されます。    Alteryx 内で提供されるサンプルは、学習するのに適しています。準備カテゴリーにあるユニークツールをクリックして、「例を開く」をクリックしてサンプルワークフローにアクセスできます。   ユニークツールの一般的な使用方法は次のとおりです。   結合の前に使用して、重複レコード を取得しないようにします 主要キー を割り当てて制約付きのデータベーステーブルにレコードを挿入する前に 一意性 を確認することができます。  集計ツールのアクションの 1 つである「最初」に似たユニークレコードの最初のインスタンスを取得します。レコードの順序は重要であるため、ユニークを実行して重複グループの最初のレコードを取得する前に、 これを使用してレコードを任意の方法で並べ替えることができます。   ユニークツールの概要を理解したところで、これであなたも データに隠されたすべての重複を発見することができますね。     これで、ユニークツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに投稿したい場合は、community@alteryx.com までご連絡ください。   Twitter で  Alteryx をフォロー して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください。Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、 メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この投稿を読んでいる時点であなたは Alteryx Designer の価値を十分認識していると言えますが、Designer を活用するための知識があるかどうかというと今ひとつというところでしょうか。 14日間のトライアル期間内に適切なツールをすぐに見つけて、Alteryx があなたの実現したいことに合っているのかどうかを判断するのが難しいのは承知しています。 そこで、あなたが Alteryxで問題解決を簡単に始められるようにこのチートシートを作成しました。 最初のページには、Designer のワークフローを構築する際に最もよく使用される代表的なツールをリストしました。 ツールアイコンにカーソルを合わせると、その機能の簡単な説明が表示されます。 クリックすると、そのツールのヘルプドキュメントにアクセスできます。 データセットの整理、計算の実行、データセットの一部の変更など、いずれの操作を行う場合でも、適切なツールを簡単に見つけることができます。 2番目のページには、あなたが実行する可能性の高い一般的なアクションと、そのアクションを実行できるツールがリストされています。 また、関数のカテゴリーとそれらの関数が使用するデータ型をリストした気の利いたテーブル(表)と、Designer で関数を使用するためのいくつかのヒントも掲載しました。 最後に、役立つ用語とその定義をいくつか紹介しています。 トライアル版をダウンロードしたばかりでも、Designer の使い方を学びながら追加のリソースを探している場合でも、このチートシートを使用すると、Designer の基本にすばやく慣れることができます。 以下のPDFバージョンをダウンロードするか、この記事をブックマークしてください。   ここで必要なものが見つからない場合、または学習を続けたい場合は、インタラクティブレッスンとツールマスタリー索引を確認してください。      
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、データ出力ツールについて深く掘り下げて説明します。   Alteryx を使用してワークフローの作成を始めると、使うのをやめられなくなります!ただし、その時が来たと感じた場合、Alteryx は、マイケルフェルプスがオリンピックで金メダルを獲得するよりも簡単に移行できます。データ出力ツールは、サポートされているデータベースまたはファイル形式に ワークフローの結果を書き込むために使用されます。 Alteryxは、Tableau Server および Power BI  に直接出力することも可能です。 データ出力ツールを使用すると、次のことが行えます。   ローカルドライブとネットワークドライブへの出力      データベース接続への出力         エイリアスが存在するすべてのワークフローでデータベースパスワードを更新できる Alias connections の作成     出力形式を選択したら、   オプション セクションを調整できます。ここでは、必要な出力方法、出力するレコード数、フィールドマップを選択できます。   そして.......  調整できるのは出力形式だけではありません!データ出力ツールには、データセット内の特定のフィールドに基づいて複数のファイルを一度に出力するオプションがあります。たとえば、データベース内のすべての Region に対して分析全体を実行しました。これらのレコードを同じ Excel ファイル内の異なる シートに出力するか、完全に異なるファイルにまとめて出力します。  「フィールドからファイル/テーブル名を取得する」にチェックマークを付け、ドロップダウンメニューを調整して異なるファイルまたはシートに出力できます。 Excel 以外のファイル形式の場合は、「ファイル/テーブル名の変更」を使用して異なるファイルに出力できます。 Excel の場合、この同じオプションは異なるシートに出力されますが、 異なる Excel  ファイルに出力する場合は、フォーミュラツールを追加し、 ドロップダウンメニューの「ファイルパス全体を変更する」オプションを使用する必要があります。「出力でフィールドを保持する」オプションにチェックマークを付けるとフィールドとして名前を保存します。 選択を解除して、出力データを最後に実行したワークフローと同じに保ちます。      実際の例については、添付のワークフローと上記のハイパーリンク(異なるシート、 異なる Excel  ファイル)をご覧ください。Alteryx Designer 10.6 で構築されたワークフロー    これで、データ出力ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに投稿したい場合は、community@alteryx.com    までご連絡ください。   Twitter で  Alteryx をフォロー して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください!Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、 メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
  この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、セレクト ツールの使用について深く掘り下げて説明します。   Alteryx Designer のセレクトツール  は、 高校生同士のカップル のようなものです。必要とするときに常に隣にいて、相手だけではなく自分のことをもっと知る手助けをしてくれます。  セレクトツールは、データ型とデータの構造を表示するだけでなく、データセットの側面を変更する柔軟性も持ち合わせています。    セレクト ツールには、Alteryx のすべてのデータ型 (数値、文字列、空間オブジェクト、日付時刻型)を変更する機能があります。 最も一般的な数値データ型の 1 つは固定小数点です。このデータ型を使用すると、数値の 特定のレベル の精度を指定できます。 これは、切り上げされた通貨または合計を見るときに特に重要です。 さまざまな Int 値は、数値フィールドの文字列の長さを短くすることにより、処理の速度をキャプチャおよび改善します。  文字列フィールド内にさらに複雑な 特殊文字(中国語の文字など)がある場合は、それらの文字を表示できる V_W String  を選択できます。  データの型以外に、セレクトツールを使用すると、フィールドの名前変更、 フィールドの並べ替え、フィールドの選択解除を通じて、データの外観を操作できます。     多くの人が見逃しているセレクト機能の 1 つは、 セレクトツールの完全な設定を保存する機能です。 このオプションを選択する理由は、別のデータセットを設定するための開始点として、 同様のデータセットの選択設定をインポートするためです。新しいワークフローがあり、セレクトツール自体をコピーすることが不可能な場合にも、この機能を使用できます。       [動的または不明なフィールド] をチェックすると、新しい(または予期しない)フィールドを受け入れることができ、このフィールドの位置を移動することにより、これらの新しいフィールドをファイル内のどこに配置するかを決定できます。設定プロパティの既定でチェックされているため、データストリームに新しいフィールドを許可しない場合は、選択を解除してください。 フィールドタイプ:強制オプションを使用すると、強制タイプを指定することで、入力フィールドタイプが常に一貫していることを確認できます。これはマクロの設定に役立ちます。 小数点記号としてコンマを使用するために選択するチェックボックスがあります。 データ型の詳細については、コミュニティ Live Training  Video のデータ型をご覧ください!   これで、セレクト ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.comでお知らせください。   Twitter で  Alteryx をフォロー して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください。Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、 メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、ユニオンツールの使用について深く掘り下げて説明します。   ユニオンツール(DNA のロゴを含むふさわしい名前の結合カテゴリーツール)は、データの複数の入力ストリームを受け入れ、1 つの統合されたデータストリームに結合します。結合ツール はデータセットを水平に(レコードIDまたはレコード位置によって)結合しますが、ユニオンツールはデータセットを垂直に結合します。2 本の核酸鎖がどのように統合されて二重らせん DNA を形成するかとは異なります。   私たちの DNA には素晴らしい洒落があります。   洒落やジョークも良いですが、結局何が言いたいかというと、ユニオンツールは素晴らしいアプリケーションだということです。以下をご覧ください。   レコードの積み上げ 複数のデータセットに共通のフィールドがありますか?ユニオンツールを使用して、フィールド名、位置、または手動で配置を使用して、それらを単一のストリームに積み上げます。     データセットが同一である必要はないので、ご心配なく。一般的でないフィールドはテーブルの最後にあり、指定されたデータセットにないフィールドには null 値が設定されます。   さまざまな結合パターンの作成 Alteryx 結合ツールには 3 つの出力があります。     これらは次のようになります。     SQL 結合に慣れている場合、これらはそれぞれ左結合、内部結合、および右結合です。ユニオンツールを使用すると、これらの結合出力を簡単に組み合わせて、以下のようなより複雑な SQL 結合構成 を作成できます。     レポート要素を垂直に組み合わせ レポーティング要素を取得し、ユニオンツールで出力順序を指定して、それらを垂直に積み上げます。レイアウトツールのように、組み合わせから単一のレポーティング要素を作成する必要はありません。     ツールコンテナの助けを借りたアプリ/マクロの迂回 上記の積み上げ、結合、レポートの例については、添付のワークフロー Union.yxmd をご覧ください!   これで、ユニオンツールエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  を フォロー   して、Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、    メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、列分割ツールの使用について深く掘り下げて説明します。   パースカテゴリで最もよく使用されるツールである列分割ツールを使用すると、区切り記号で分けられたフィールドの素早い分割を可能にします。これを使用するには、区切りフィールド、区切り記号、行または列のいずれに解析するかを指定するだけで(解析する列の数を指定する必要があります)設定は完了です。 いかなる解析方法であろうとも、このツールにお任せください。   フィールドの解析 注: 列分割ツールは、複数文字の区切り文字も受け入れます(MultiDelimiter.yxmd に例を添付)。       インターフェースツール入力の使用 選択ベースのツールを使用する場合、出力は多くの場合、すべての選択を連結した文字列になります。     分析アプリで上記のリストボックスツールの出力を使用するには(ここでマスター)、アクションツール(ここでマスター)でテキスト入力ツールのプレースホールド文字列を更新するだけです。次に、いくつかの列分割マジックを適用して、レコードフィルタリング用の入力データセットに簡単に結合 できるキーの行に選択を解析します(ここで結合のマスター)。   解析されたインターフェースツールの出力は次のようになります。     アプリのアプローチは次のようになります。     面倒な区切り(CSV または テキスト)ファイルの入力  キーワードの検索:列分割ツールは、キーワード分析を作成する場合に特に役立ちます。キーワードマッチングのために、大きな文字列を単一の単語のサブ文字列の行に簡単に分割して結合したり、ファジーマッチしたりできるからです。   フィールドが解析される列の数がわかりませんか?指定しないようにする便利な方法があります。レコードID (ここでツールをマスター)を割り当て、タイルツール(ここでマスター)を使用してレコード(Tile_SequenceNum)の各発生をカウント、クロスタブ(ここでマスター)を使用して、持っていたテーブルの形に戻します(ParseIntoRows.yxmd に例を添付):     これで、列分割ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.comでお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォロー   して Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、サンプリングツールの使用について深く掘り下げて説明します。   サンプリングツールを使用すると、データセット内のパターン、ブロックの抜粋、レコード(またはレコードのグループ)のサンプルを抜粋して渡すことができます。このようなオプションの使用は、データの準備において頻繁に行われます。だからこそ、お気に入りカテゴリで見つけることができます。データセットをサンプリングするための優れたツールですが、次の目的にも使用できます。   柔軟な解析(Sample.yxzp ワークフローに添付) 上記のような入力形式は、トランザクションデータストアで特に一般的です。   入力テーブルからの書式設定(通常は Excel)の除去(Sample. yxzp ワークフローに添付)   最初の行から始まらないデータを入力する方法の詳細なチュートリアルについては、こちらをご覧ください。   日付データ型の最小 / 最大または時系列の最初 / 最後のクイック追加(Sample. yxzp ワークフローに添付)    これは、サンプリングツールの設定で「列でグループ化」オプションを選択することによって、レコードのグループで行うこともできます。集計ツールを使用して、一度に複数のフィールドを使用できます。     上記のようなユースケースでは、サンプリングツールは N = 1,000,000 ごとに 1 つになります!   これで、サンプリングツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォロー   して Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
  この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、ソートツールの使用について深く掘り下げて説明します。   多くの場合、データの準備では、記録を整理する必要が生じます。そのような状況では、 ソートツールが役立ちます。その名の通り、ソート(並べ替え)をするのです。アルファベット順、数字順、時系列順でレコードを簡単に整理できます。それほど気が遠くなるほど複雑な操作ではありませんが、十分な有用性があります。多くのツールのアップストリームでレコードをソートすると、処理時間を最適化することさえできます。以下のシンプルなユースケースは、データブレンディングの前線で頻繁に使われるテクニックです。                                                       複数行フォーミュラ 計算で一貫した順序の強化(Sort.yxzp ワークフローに添付)   レポート用にレコードを時系列順にリスト化(Sort.yxzp ワークフローに添付) 集計ツール(ここでマスター)の「最初」アクションと「最後」アクションは、最初と最後のレコードがわかっている場合にのみ役立ちます。最も簡単な方法は、クイックソートを適用することです。      順序ベースのレコード選択(Sort.yxzp ワークフローに添付)   注: ソートツールには、ASCII 文字列を超えて並べ替える「辞書順を使用」 オプションもあります。この機能を使用すると、並べ替えの速度に影響します。   これで、ソートツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォローして   Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、データ入力ツールの使用について深く掘り下げて説明します。    データ入力ツールは、Designer で最初に行う開始地点です。もちろん、ダウンロードツール(ここでマスター)とビルド済みのコネクタツールを使用して、ウェブスクレイプデータまたは API データを取り込むことができますが、 最もよく使用されるサポートされているデータソースとファイル形式から簡単にデータを取得できるツールは、データ入力ツールです。Behold:   サポートされているファイル形式を単純なファイル参照で入力します。                 これで完了です。入力ファイルを選択したら、ツールの設定メニューで受信データセットをプレビューできます。   ODBC または OleDB データソースへの接続  後ですばやく入力できるように、データベース接続をエイリアス として保存してください。   .zipファイルを解凍して入力   ワイルドカード(*)を用いてデータ入力ツールを使用すると、1 つのディレクトリから同じスキーマの複数のファイルを入力することもできます。ここで、さまざまなスキーマのワイルドカードと入力テーブルの使用方法を学びましょう。   より動的な入力をお探しですか?それなら、動的入力ツールに お任せください!ここでマスターする。   注: 入力でワークフローを共有している場合は、受信者のコンピューターに同じ入力ファイルがまだない場合は必ずエクスポート してください。   これで、データ入力ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォローして   Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、テキスト入力ツールの使用について深く掘り下げて説明します。   データ入力ツール(ここでマスター)、コネクタツール、ダウンロードツール(ここでマスター)などなど、デザイナーのデータは豊富にあります。それでは、手動で入力されたユーザーデータはどうでしょうか?多くの場合、人間が入力したデータはエラーが発生しやすいため、分析ではこれをを回避しようとしています。そんなリスクにもかかわらず、手動で入力されたデータが Alteryx で役立つ状況がたくさんあります。テキスト入力ツールを使用して、以下の手法でインスタンスを簡素化します。       データ内の特定のターゲットを検索して置換(Text Input.yxzp に例を添付)   ユーザーが入力したデータを付加 (Text Input.yxzp に例を添付)   注: 結合ツール(ここでマスター)と結合条件フィールドを使用して、ルックアップテーブルの関係も確立できます。   閲覧ツール(ここでマスター)データをワークフローチェックポイントとして組み込む - Cache Dataset Macro(V2)によく似ています   これで、テキスト入力ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.comでお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォローして   Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
 この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、日時ツール の使用について深く掘り下げて説明します。   日付/時刻データは、文字列形式(テキストフィールド)または日付形式でデータに表示できます 。 日時ツールは、 そのようなデータを標準化およびフォーマットして 、フォーミュラツール または フィルターツール  の式や関数で使用できるようにします(例:日数の計算 開始日からの経過日数の計算など)。また、日時形式の日付を文字列に変換して、レポートの目的に使用することもできます。   日時ツールの機能は、フォーミュラツールの DateTime関数 や DateTimeFormat 関数に非常に似ていますが、より使いやすくなっています。     日付データ型を書式設定された文字列フィールドに変更するには、書式設定する日付フィールド、書式設定される日付の形式、Alteryx が作成する新しいフィールドの名前を選択するだけです。       テキストフィールドに含まれる日付を適切な日付形式に変換することも同様に機能します。書式設定するフィールド、現在の形式に一致する文字列、および出力フィールドの新しい名前を選択します。     日付形式として保存された日付は、閲覧ツールで表示すると常に yyyy-mm-dd として表示されます。    dy.,Month dd,yyyy、day,dd Month,yyyy オプションを使用すると、曜日を出力できます。これは、週末と平日を区別する場合に特に役立ちます。データから営業日を削除する場合(開始日と終了日のみがあり、営業日を削除する場合は、この記事を参照してください)。     日時ツールでニーズが満たされない場合は、この記事 とこの投稿 に移動して、フォーミュラツールの日時関数を使用したオプションを探索してください。     これで、 日時ツール のエクスパートレベルの習熟度が得られました!他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォローして Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください。Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、検索置換ツールの使用について深く掘り下げて説明します。   検索置換ツール は、 困難なデータブレンディングに出くわすまで、あまり使用されることのないマイナーなツールの 1 つではありますが、一度使えば、Designer でお気に入りのツールになること間違いなしです。結合カテゴリで見つけることができ、 骨の折れる困難な作業 を必要とするデータ内で簡単に文字列に置換することができます。そういったわけで、検索置換ツールは私たちのヒーローです。                                                                   簡単な HTML または ASCII の置換(Find Replace.yxzp に添付):       ルックアップテーブルを使用してデータを標準化(Find Replace.yxzp に添付):       検索置換で解析を簡素化   これで、検索置換ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォロー   して Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、ファジーマッチツールの使用について深く掘り下げて説明します。   Excel のファジールックアップと同様に、ファジーマッチツール (ここでマスター)を使用すると、ユーザーはデータの不正確な一致を簡単に実行できるようにします。類似のしきい値を指定し、さまざまなマッチングアルゴリズムを利用し、他の設定オプションを指定することによって、データセットに最適なツールをカスタマイズできます。ツールは高度にカスタマイズされているため、ツールのより複雑なアプリケーションが予想される場合は、入門 および中級の live training video  で学習することをお勧めします。また、よくある質問 とファジーマッチングのヒントとコツ のリストもあり、ツールの使用も補足できます。   人生では、白黒に分けられるものはほとんどありません。グレーの領域が至る所にあり、それを分ける線が少しあいまいになることがあります。特に人間が入力した場合において、同じことがデータにも当てはまります。そのために、ファジーマッチツールがあります。データが明確でない場合でも、標準化されたものと照合することで、レコードから価値を引き出すことができます。ファジーマッチは次の場合に便利です。    重複レコードの単一のデータセットのパージ(重複除去)(Fuzzy Match.yxmd に添付):     2 つのデータセットをマージし、冗長なレコードを識別 (Fuzzy Match.yxmd に添付) : 注: 重複する一致を排除するために、マージモードで使用する前に各マージデータセットを最初にパージ(重複排除)することをお勧めします。これにより、マッチングプロセスが大幅に高速化されます。     文字列の比較、クリーニング、キーワードマッチの実行   これらの手法は、データ内の類似した名前、住所、電話番号、スペルミスの単語を特定するのに役立ち、不正確な文字列を正確に分析するのに役立てることができます!   特に名前を使用している場合は、ニックネームのファジーマッチングのガイドを確認してください。一部の文字列が誤って一致するポイントまで一致しきい値を緩める必要があるが、それでも他の文字列が取得されない場合は、別のファジーマッチツールでマッチプロセスを「ウォーターフォール」してみてください。そして、一致したセットにそれらを追加してユニオンしましょう。   これで、ファジーマッチツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました!他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、 community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォローして   Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、   メールでのお知らせに登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、フィールド付加ツールの使用について深く掘り下げて説明します。   フィールド付加ツールは、ソース入力の すべての行をターゲット入力のすべての行に新しい列として追加します。これは、デカルトまたはクロス結合として知られています。  ターゲット入力に B 列を含む A 行があり、ソース入力に D 列を含む C 行がある場合、フィールド付加ツールは出力にツールは、B と D 列の C 行を掛けたものです。    デカルト結合を実行(Append.yxwz ワークフローに添付): 1 つのテーブルのすべての行を別のテーブルのすべての行に結合したい場合があります。見込み客と製品在庫のリストがあるとします。フィールド付加ツールを使用して、このデータを結合できます。       26 の製品と 26 の顧客から始め、顧客と製品の 26 x 26 = 676 の可能な組み合わせが生成されました。products テーブルは Target(T)入力に入るため、出力はそのテーブルでソートされます。それを切り替えて顧客をターゲット入力にした場合、唯一の違いは列(顧客は最初の列)と行(Customer1 は各製品が順番にリストされた最初の 26 行を占める)の順序です 。ソーステーブルに 16 を超えるレコードがあったため、フィールド付加ツールの設定を変更してこれを許可する必要があります。     誤って多くのレコードを追加しようとすると、デカルト結合が問題になるため、このオプションが設定されています。   単一のレコードをデータセット全体に追加   (Append.yxwz ワークフローに添付): 場合によっては、すべてのレコードに 1 つの情報を追加することがあります。これは、フィールド付加ツールを使う絶好の機会です。色の名前が記載されたデータセット(繰り返しの可能性あり)があるとします。マスターテーブルには、各色が値とともにリストされています。目標は、ユーザーに特定の色を選択させ、選択した値以下の値を持つデータセットからすべてのレコードを返すことです。    ステップ 1 - ユーザーが選択した色を取得し、マスターテーブルからその値を見つけます。       ユーザーが Blue を選択したため、マスターテーブルを調べて値 10 を見つけました。   ステップ 2 – 値を色のデータセットに追加します。       データセットには色の名前があるだけなので、検索置換ツール(または、データ J のナノ単位の秒をソートで無駄にしたい場合は結合ツール)を使用して、マスターテーブルから値を追加できます。これで、すべてのレコードに値がそろいました。   ステップ 3 – ユーザーが選択した値を追加し、それ以下の値を持つ出力レコードのみにフィルターを適用します。       ソース側の値を Max_Value に変更し、ソース側の色を選択解除して、フィールド付加ツールを整理します。     フィールド付加ツールには、結合ツールと同様のデータを変更するオプションと機能がすべて備わっています。   現在の DateTime をすべてのレコードに付加   (Append.yxwz ワークフローに添付): データセットのすべてのレコードに、出力時にタイムスタンプ(時刻印)を付けたいとします。課題は、ワークフローが開始されたときからすべてのレコードに同じタイムスタンプを出力することです。ここでレコードごとにフォーミュラツールを使用して再計算してしまうと、数秒ずれたタイムスタンプになる可能性があります。この問題を解く簡単な方法の 1 つは、フィールド付加ツールを使用することです。行生成ツールを使用してタイムスタンプを取得し、すべてのデータストリームに付加します。       ソース接続をワイヤレスに変更して、見やすくしました。       以上です!フィールド付加ツールは、基本的に、結合条件がなく、J 出力のみの結合ツールです。フィールド付加ツールの「オプション」の詳細については、セレクト ツールのヘルプドキュメントをご覧ください。   これで、フィールド付加ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?   あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、、   community@alteryx.comでお知らせください。   Twitter で Alteryx を フォロー    して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、    メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得するための一歩として、転置ツールの使用について深く掘り下げて説明します。   転置ツールは、選択したすべてのフィールドのデータをピボットします。列ヘッダーは名前フィールドにリストされ、対応するデータ項目は値フィールドにリストされます。また、変換を通じて変更されないキーフィールドを選択することもできます。転置ツールは、多くの場合、基本的に反対方向に機能するクロスタブツールと組み合わせて使用されます。   データを転置して行をサマリー 世界銀行グループの出生率データを使用します。v11.3 Alteryx 添付のワークフロー Transpose.yxzp に関連データが含まれています。以下に、Alteryx の元データがあります。     平均、最小、最大、標準偏差など、国ごとに基本的な統計情報を取得したいとします。このデータは 1960 年までさかのぼるので、ユーザーはどの年を含めたいかを選択します。ここで、集計ツールの出番ですが、データの方向を変える必要があります。別の列にデータポイントのある 1 つの列を何年も実行する必要があります。こんな時に転置ツールが役立ちます。     転置ツールでは、いくつかの重要なフィールドを選択し、データフィールドとしてすべての年をチェックします。                                                                                                                 これにより、元のデータが次のように変換されます。     4 つのキーフィールドは変更されず、データフィールドのみ転置されます。  フィルターツールを使用して、ユーザーが選択した年を取得し、null 値を削除します。これで、集計ツールは値フィールドを使用して、探している数値を計算できます。     Excel を使った転置 Excel で使用される転置オプションに精通している人にとって、Alteryx の転置ツールは同じではないことに注意してください。ただし、いくつかのツールを追加することにより、Excel のようにデータを転置することができます。     最初にレコードIDツールを追加してから、RecordID をキーとして使用し、すべての元のフィールドをデータとして使用して転置します。次に、転置後の最初のレコードID でグループ化された別のレコードID ツールを追加するため、 タイルツールを使用します。次に、セレクトツールを使用して、Tile_Num フィールドが Name フィールドの前にあることを確認します。タイルツールとセレクトツールは、クロスタブが物事を整理するのに役立ちます。並べ替えのフィールド(この例では Tile_Num)は、クロスタブでグループ化するために使用しているフィールドの前にあることが重要です。クロスタブの設定方法に注意してください。     これで出来上がりです!結果は、Excel の転置オプションと一致するようになりました。Alteryx を使用して行った方法と、Excel を使用してデータを転置した Excel ファイルを見比べてみてください。   列で計算を実行 月に 1 回、誰かが同じ基本概念でコミュニティに投稿します。データは Excel にあり、列(D1 = A1 + B1)を参照する簡単なフォーミュラが使用されています。その式をコピーして、すべての列(E1 = B1 + C1 など)の解を取得できます。Alteryx を使用して、これをどのように行うことができますか?各列に個別のフォーミュラは書きたくありません。ここでも転置ツールが救助に現れ、データを転置することで問題を解決できます。   出生率のデータについて、各国のすべての年の年間変化を計算したいとします。 1961 年には、出生率 1961 / 出生率 1960 -1 が必要です。1962 年の場合、出生率 1962 / 出生率 1961 -1 になります。Excel の転置の例のように転置を開始し、データをクロスタブで戻す前に、複数行フォーミュラツールを使用して計算を行うことができます。     これがどのように機能するかを可視化するのは難しいので、各ステップでデータを確認してみてください!   インターフェース入力のセットアップ名と値のペア 最初の例では、リストボックスツールが、すべての年を選択できる入力ファイルを参照していたことにお気付きかと思います。データからリストを作成するには、転置ツールと集計ツールを使用します。     リストボックスツールの場合、文字通り「Name」というフィールドと「Value」というフィールドが必要です。私たちのケースでは、両方を転置ツールの「Name」フィールドにある年にする必要があります。集計ツールを調整して、これらのフィールドを次のように作成します。     もう手元にあります!転置ツールは非常に用途の広いツールですが、慣れるまでに時間がかかります。キーフィールド、名前、値のフィールドが常に出力されることに注意してください。多くの場合、クロスタブツールと組み合わせて使用されます。   これで、転置ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか? もうツールマスターですか?   あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、、   community@alteryx.com でお知らせください。   Twitter で Alteryx  をフォロー   して Tool Tuesday  の最新の投稿をご確認ください!   Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、メールでのお知らせに   登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
質問  結合ツールまたはユニオンツール、どちらのツールを使えばよいか、どのように判断しますか?   回答 これは非常に多い質問です。2つのデータセットがあり、これらを1つの大きなデータセットに組み合わせる必要がある場合、どうやって取りかかればよいでしょうか?Alteryxには2つのツールがあり、あなたが行おうとしていることによっては、この作業が非常に簡単に行えます: 結合ツールとユニオンツールです。   では、この2つのツールの違いは何でしょうか?   結合ツールは、ファイルを大きくします。いわば、データにフィールドを追加したり、入力を横方向に組み合わせたりします。既存のレコードに情報を追加したい場合は、このツールを使うと便利です。例えば、顧客が買い物をする店舗のIDを伴う顧客のリストがあって、さらに店舗所在地のリストが別であるとします。店舗情報を顧客情報に追加したい場合、店舗IDフィールドをもとに結合を行う必要があります。これにより、店舗と顧客のレコードをマッチさせ、顧客ファイルには店舗情報を入れることができます。あなたのデータセットの設定によって重複レコードが生じる場合もありますので、準備ではデータを確認してください。   ユニオンツールはファイルを長くします。つまり、データにレコードを追加したり、入力を縦方向に組み合わせたりします。2つのファイルを上下に積み重ねたい場合にこのツールを使います。例えば、販売組織の各地域の顧客リストがあって、単一の顧客マスタファイルにしたいと考えています。すべての地域ファイルには、同一のフィールドがあります。ユニオンツールにより、データセットをフィールド名(自動あるいは、バリエーションが少しある場合はマニュアルでもできます)をもとに整理すると、すべて同じフィールドをもった1つのマスタファイルになります。   2つのツールの違いが分かる添付のサンプル(Alteryx Designer 11.3で設定)をご覧ください!
記事全体を表示
ツールマスタリーシリーズは、Designer ツールにおける様々な使用例を紹介するナレッジベースをまとめたものです。Alteryx Designer をマスターするのに役に立つよう、それぞれのツール情報を下記のリンクにまとめました! 入出力 閲覧 現在日時 ディレクトリ データ入力 データ出力 テキスト入力 準備 オートフィールド データクレンジング フィルター フォーミュラ 行生成 複数フィールドフォーミュラ 複数行フォーミュラ レコードID サンプリング セレクト ソート タイル ユニーク 結合 フィールド付加 ConsumerViewマッチ 検索置換 ファジーマッチ 結合 複数結合 グループ作成 ユニオン パース 日時 正規表現 列分割 変換 アレンジ クロスタブ 累計 集計 転置 レポーティング グラフ作成 Eメール 画像 インサイト インタラクティブチャート レイアウト レンダリング レポートフッター レポートヘッダー レポートマップ レポートテキスト テーブル ドキュメンテーション コメント エクスプローラボックス ツールコンテナ 空間 ポイント作成 距離 最寄り地点検索 空間情報 商圏分析 インタフェース アクション アプリおよびマクロ チェックボックス コントロールパラメータ 日付 ドロップダウン エラーメッセージ マクロ入力 数値増減 ラジオボタン データ調査 アソシエーション分析
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、  Alteryx Designer を習得するための一歩として、Python ツールの使用について深く掘り下げて説明します。    Python は、世界で最も急速に成長しているプログラミング言語の 1 つであり、基本的なデータ操作からデータサイエンスやソフトウェア開発に至るまで、さまざまなアプリケーションに使用されています。2018.3 のリリースに伴い、待望の Python ツールが登場しました!R ツールと同様に、Python ツールを使用すると、Alteryx ワークフローの一部としてコードをシームレスに実行できます。また、このツールを最大限に活用するためには、Python のコーディング知識が必要です。このツールマスタリー記事では、このツールを使用するための基礎を紹介します。   最初に Python ツールをキャンバスにドロップすると、ツールの設定ウィンドウに次の画面が表示されます。これは、Pythonツールを新しい入力データソースに接続するたびにワークフローを実行するように通知させるためのものです。これにより、入力データが Pythonツールに取り込まれ、Python コードに取り込むことができます。       上記の設定ウインドウのテキストで記述されているとおり、 Jupyter Notebook インターフェースを起動して実行するには、ひたすら待つのみです。IT 部門では、デザイナーのインスタンスで Pythonツールを初めて開いたときに Jupyter Notebook インターフェースが提供されるのに数秒かかります。最初に表示されるメッセージは、Jupyter notebookインターフェースに置き換えられます。         Jupyter Notebook の一般的な紹介については、Beginner's Guide  のドキュメントをご覧ください。      Python ツールを使用する最初のコーディング手順は、Alteryx API パッケージをインポートすることです。これにより、Alteryx Engine と Python ツールの間でデータを渡すことができます。Alteryx Engine からデータを読み込むか、Python ツールから Engine にデータをプッシュする場合、コードは次のように開始する必要があります。   from ayx import Alteryx   このコードは非常に基本的なものであるため、Python ツールの最初のセルに自動的に入力されます。       Python ツールで個別のセルを実行するには、上部のツールバーの再生ボタンをクリックするか、キーボードショートカットの Shift + Enter を使用します。。       Python ツールには、ayx パッケージに加えて、既定で読み込まれるいくつかの python パッケージが付属しています。これらのパッケージはヘルプドキュメンテーションにリストされており、主にデータサイエンスに関連しています。これらのプリインストールされた各パッケージの機能について学べる素晴らしい記事もあります。既にインストールされているパッケージを読み込むには、Alteryx の外部で Python スクリプトを作成する場合と同様に、import コマンドを使用します。既定でツールに含まれていない python ライブラリをインストールする場合は、Package.installPackages() 関数を使用します。          セル番号が通常表示される箇所にある「*」アスタリスクは、セルが現在実行されていることを意味します。   パッケージのインストールが成功すると、インストールされているパッケージの依存関係とバージョンに関連する次のメッセージが表示されます。       オプション: このデモに沿って進みたい場合は、この記事に添付されているアイリスデータセットをダウンロードしてください!   Alteryx の入力アンカーを使用してデータを取り込む場合は、ワークフローを最初に実行して notebook で受信データを利用できるようにする必要があります。ワークフローを実行した後、Alteryx.read() 関数を使用してデータを Python に取り込むことができます。 この関数の唯一の引数は、読み取り中の特定の接続です。R ツールと同様に、この引数は文字列であり、引用符で囲む必要があります。   このデータストリームを変数名のデータとして読み込むには、コードは次のようになります。   data = Alteryx.read("#1")       ワークフロー全体を実行する前にデータを読み取ろうとすると、おそらく FileNotFoundError というエラーメッセージが表示されます。     解決策は、ワークフローを保存してからワークフローを実行することです。次回、再生ボタンを使用してセル内のコードを実行すると、エラーが解決されます。   Python ツールに読み込まれたものはすべて、pandas data frame として読み込まれます。これにより、Python でのデータ処理の柔軟性が向上します。データ形式を読み込んだ後に変更できますが、出力を pandas data frame に戻す必要があります。   データの取り込みが完了したので、ここから分析したいと思います。まず、save/checkpoint ボタンの横にあるプラスアイコンをクリックして新しいセルを作成するか、キーボードショートカット B を使用して現在のセルの下にセルを追加します。       他の便利なセルおよび notebook 機能も、このツールバーの insert cell below ボタンの右側にあります。 ボタンは左から順番に、Save、Add a Cell  、 Cut Cell(s)、 Copy Cell(s)、    Paste Cell(s)、  Move Cell(s) UP、  Move Cell(s) Down、  Run  、 Stop、  Restart the Kernel  、 Restart the Kernel and Rerun the Notebook  これらのボタンにはすべて、キーボードショートカットが関連付けられています。Jupyter Notebook のキーボードショートカットの完全なリストを表示するには、上部のツールバーの Help > Keyboard Shortcuts に移動します。     このデモでは、アイリスの花のデータセットに対してクラスター分析を実行します。新しいセルで Sci-kit learn Python  モジュール (Alteryx Python Tool Installation に含まれています)から KMeans 関数 を読み込み、クラスターの作成と結果のクラスターラベルを印刷するための簡単なコードを記述します。     これで、 matplotlib.pyplot python ライブラリ(既定で Python ツールにも含まれています)を使用してクラスターを可視化できます。     最後に、Python ツールからの出力の書き込みは、with Alteryx.write() 関数を使用して実行できます。この関数は現在、Pandas data frame でのみサポートされています。データフレーム以外のものを書き込もうとすると、次の TypeError が発生します。     このエラーは、出力を pandas data frame に変換することで解決できます。まだ pandas data frame に精通していない場合は、introduction to pandas data structures  や 10 minutes to pandas documentation  が役立つでしょう。 Python ツールで Alteryx.write() を使用してコードを記述したら、ワークフロー全体を実行する必要があります。ツールの出力アンカーで結果を確認します。     あとはワークフローを実行するだけで、Python ツール出力のアンカー 1 に結果が表示されます。   この概要で、Python ツールを使ったデータの読み取り、書き込み、処理を快適に行えることを願っています。後は想像力を働かせるだけです!     知っておくべきことと今後のアップデート!   2018.4 以降、外部で作成された python スクリプトと Jupyter notebooks を読み込むことができます。 メタデータは、Python ツールから出力されるデータのダウンストリームツールに一貫して入力されません。 Python ツールへのデータの読み取り時に、ブールから整数への暗黙的なデータ型変換があります。同様に、ツールからの書き込み時に、ブールから整数への別の暗黙的なデータ型変換があります。 2018.4 以降、出力を書き込むときに列のデータ型を設定できるようになりました。 現在、Pandas Data frames のみが読み取りと書き込みでサポートされています。現在、プロットを書き出すことも、空間オブジェクトを読み込んで書き出すこともできません。 質問定数は現在サポートされていません。   このツールに関するご意見がありましたら、製品のアイデアページに投稿してください。ツールの機能や制限に関するみなさんのアイデアを心よりお待ちしています。   これで、Pythonツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、  community@alteryx.com   でお知らせください。   Twitter で Alteryx   を  フォロー  して Tool Tuesday の 最新の投稿をご確認ください!    Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、  Eメールでのお知らせ に 登録 されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designerを習得するためにダウンロードツールの使用方法について詳しく説明します。 最高のデータブレンドを行うには、できるだけ多くのデータストアに接続できる柔軟性が不可欠です。すべてのピースが揃わなければ、パズルは完成ではありません。分析でも同じことが言えます。私たちはサポートされている入力ファイル形式とデータプラットフォームのリストの数に誇りを持っていますが、残念ながら、増え続けるデータの世界ではすべてを把握することはできません。そこでダウンロードツールの出番というわけです。FTP アクセスに加えて、このツールは API を介してデータを Web スクレイピングまたは転送することができ、(データソースを確認してみてください - ほぼ必ず API があります!)人里離れたデータストアにもアクセスできます。以下にコンパイルされた例と、Web でアクセス可能な豊富なデータを使用して、ほとんどすべての分析パズルを Mona Lisa に変えることができます。   FTP Upload FTP Download FTP Automation Connect to REST APIs – without coding!(Part 2:Authentication) Web Scraping   これで、ダウンロードツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.comでお知らせください。    Twitter で Alteryx を フォロー して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください。Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、 メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示