トップになるためのスキルをお持ちですか? ウィークリーチャレンジを購読しましょう。ベストを尽くして問題を解決し、解決策を共有して、他のユーザーがどのように同じ問題に取り組んだのか確認しましょう。私たちも解答例を共有しています。
ウィークリーチャレンジ
トップになるためのスキルをお持ちですか? ウィークリーチャレンジを購読しましょう。ベストを尽くして問題を解決し、解決策を共有して、他のユーザーがどのように同じ問題に取り組んだのか確認しましょう。私たちも解答例を共有しています。
現在、進捗状況の表示ができません。しばらくしてから再度試していただくか、このエラーが続くようなら管理者にご連絡ください。

チャレンジ #23: タイヤ計算機

Highlighted
Alteryx
Alteryx

先週のチャレンジに対する解答は、ここで見つけることができます!

 

タイヤは臭くて高価ですが、車を運転する上で絶対必要なものです。あなたが目的地に安全に到着できるかどうかは、まさにタイヤ次第です。
例えば、「コンタクトパッチ」とは、道路の表面に接触するタイヤの量を指します。

コンタクトパッチのサイズは、停止距離、静止摩擦、さらには燃費に大きな影響を与えます。

タイヤの高さも同様に停止距離、静止摩擦、そして燃費に大きな影響を与えます。

 

 

新しいタイヤを探しているとき、タイヤの幅と高さについての情報を知ることはタイヤ選びにとても役立つでしょう。

多くのサイトには、ユーザーが標準フォーマットでタイヤのサイズを入力し、そのタイヤに関する詳細情報を表示することができる「タイヤ計算機」があります。

タイヤの標準フォーマットは、タイヤ幅(ミリメートル単位)、サイドウォールの高さ(幅に対してのパーセンテージ)、リムの半径です。

例えば 285/70/R17 は 285mm幅のタイヤ、サイドウォールサイズは199.5mm (285*.7)で、17インチのリムに適合します。

 

今週のチャレンジでは、ユーザーがタイヤサイズ情報を入力し、ファイル上の追加情報を表示できるようにチェーンアプリ(Chained Application)を作成しましょう。

既存のオプションのみが使用できるように、ユーザーが選択を行った後で次のフィールドを更新しましょう。

 

 

tires_image.jpg

 

 

 

アプリ インターフェースは次のようになります: 

 

Create a three-step app to find tires based on width, sidewall height, and rim radius.Create a three-step app to find tires based on width, sidewall height, and rim radius.

 

3 ステップのアプリを作成して、幅、サイドウォールの高さ、リムの半径に基づいてタイヤを見つけましょう。

Highlighted
ファイアボール

Workflowを3つ作るところまでは良かったのですが、ドロップダウンの更新、絞り込みがうまくいかず難儀しました。結局英語版のCommunityを覗いてしまったので、今回のはカンニングです。

今までWorkflow内でドロップダウン ツールに繋ぎこんでも更新がうまくいかず困っていたのですが、ようやくうまく更新できる方法がわかり良かったです。(時松さん、この方法ならうまく更新できそうです!)

 

しかしこれならTableauとかの方が圧倒的に簡単ですけど…。

Highlighted
Alteryx Certified Partner

タイーヤマルゼンタイヤマルゼン

ホイールマルゼンホイルマルゼン

スポイラ
Windows 10 x64 2019-08-07 11-03-37.pngWindows 10 x64 2019-08-07 11-07-49.pngWindows 10 x64 2019-08-07 11-05-49.png

 

Highlighted
ファイアボール

tamai reiさん。タイヤマルゼンWorkflow拝見しました。

 

① Tire widthが小数点を含むとうまく動かないと思います。

② 2回目以降のWorkflowのプルダウンは、Workflow内で繋げてしまうと前回に流した結果に左右されてうまくFilterされないと思います。
(弊社も別件でこれで今まで悩んでいました。)  

 

例えば115→90→19と選ぶと結果が空になってしまいます。115だと本当は70と95しか選べないようにしなくてはいけないのだと思います。

よくよく見たら自分の1つ目のWorkflowもFilter更新がおかしくなっていました。再添付します。これなら動いているはずだと思うのですが。
この辺の動作コントロール難しいですよね。  

Highlighted
Alteryx Certified Partner

ありがとうございます!

教えていただいた部分を修正してみました。これで正しく動くはず…。

 

ちょっと内容がネタバレなのでスポイラーで…。

 

スポイラ
> ① Tire widthが小数点を含むとうまく動かないと思います。
クロスタブツールは小数点をアンスコにしちゃうんですね…。(Alteryx Communityを見てみると、どうやらAlteryxあるあるみたいですね)
動的リネームで対応しました。

② 2回目以降のWorkflowのプルダウンは、Workflow内で繋げてしまうと前回に流した結果に左右されてうまくFilterされないと思います。
フィルタ後のデータをインプットにしているので、てっきり選択肢も引き継がれているのかと勝手に思い込んでました。
下記の記事を参考に、プルダウン用のデータを別途出力するようにしました。

https://www.thedataschool.co.uk/giorgia-umani/alteryx-chained-apps/

ついでに、RATIOはDoubleのままだと切られちゃってちゃんとフィルタリングできてなかったので、文字型に変えるようにしました。
(計算に使うわけではないので)






Windows 10 x64 2019-08-07 14-34-56.pngWindows 10 x64 2019-08-07 14-35-11.pngWindows 10 x64 2019-08-07 14-35-22.png

 

 

Highlighted
ファイアボール
tamai_reiさん、コメントありがとうございます。自分も落とし穴にまんまとはまっていました。色々難しいですね。
Highlighted
Alteryx Certified Partner

ドロップダウンのところでハマりました・・・。地道にデバッグで解決しましたが・・・。

知見を増やすという意味では良問かと思います。

 

 

スポイラ

Step1
step1.png

Step2

step2.png


Step3

step3.png
しかしChainedAppとドロップダウンの外部ファイル組合わせてこういうことができるとは思っても見なかったです。

 

 

Highlighted
ファイアボール

1ワークフローでなんとかならないかなぁと考えてましたが、1ワークフローだとU/Iも一回しか表示されず、1番の回答を受けた後に二番の質問を更新できないようであきらめました。

スポイラ
こんな感じで分析アプリを連続実行させてます。

challenge_jp_23.PNG