コミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ナレッジベース - 日本語

エキスパートから学ぶ。
この記事はツールマスタリーシリーズの一部です。Designerツールのさまざまな活用例の紹介に役立つナレッジベースを編纂したものです。ここでは、Alteryx Designerをマスターする道のりの一部として、複数結合ツールの使用について掘り下げていきます。   複数結合 ツールは、 結合 と ユニオン ツールが組み合わさったものです。複数結合ツールとユニオンツールを使用する代わりに、複数結合ツールでワークフローを1つのツールで統合するのが最適な使用方法です。     複数結合はすべての結合を出力できます(左、内部及び右出力):     あるいは、「すべての入力から結合するレコードのみ出力」を選び、内部結合のみ出力します:     結合とユニオンを組み合わせるこの機能は、2つのテストケースで見ていただけます: 同じ結合基準での複数結合 異なる結合基準での複数結合   期待される出力(内部結合)が得られるので、同じ結合基準で複数の入力を結合させるのが最も簡単な方法です。左または右の結合出力はないため、複数結合ツールは一度に2つ以上の入力を結合する場合にのみ使用するべきです。そうでなければ、通常の結合ツールで構いません。   異なる結合基準による複数入力の結合は、統合機能の上手な活用方法です。左または右の結合からの出力がある場合、一致しなかった入力に対する出力は無効になります。   入力1:    入力2:   入力3:   出力:   レポートを作成するときに、この機能はとても役に立ちます。レポートツール は、行に無効の列があっても関係ないからです。 例えば、テーブル と レポートテキスト を結合すると、一致しない出力が生成されます:       それでもレイアウト ツールは、適切なレポートを作成することができます:     ここまでくれば、あなたの複数結合ツールの使用スキルは専門家のレベルまで達したことでしょう!私たちがここで提供していない使用方法があれば、下のコメント欄にぜひ書き込んでください!もうツールマスターを自負していますか?community@alteryx.com までご連絡くだされば、ツールマスタリーシリーズに、あなたのクリエイティブなツール使用法を掲載いたします。   TwitterでAlteryxをフォローして、毎週火曜日のツール・チューズデーには、最新の投稿をご確認ください!Designerツールのすべてをマスターしたい方は、メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部です。Designerツールのさまざまな活用例の紹介に役立つナレッジベースを編纂したものです。ここでは、Alteryx Designerをマスターする道のりの一部として、結合ツールの使用について掘り下げていきます。     結合ツールは、Alteryx内でのデータブレンディングの典型的なツールです。 そのため、最も広く使用されるツールの1つでもあります。結合ツールは、2つの異なるソースからのデータを、記録の位置別および特定のフィールド別という2つの異なる方法で結合することができます。記録の位置別という方法を選択すると、2つのデータセットを結合し、各記録をその位置によって一致させます。そのため、左のデータセットの記録1は、J出力の右のデータセットの記録1と同じ行になるというわけです。どちらかのデータセットがもう1つのデータセットよりも多いデータを含む場合、データは結合されず、右または左出力の該当する場所に配置されます。特定のフィールドを結合することで、特定のフィールドまたは複数フィールドの記録を一致させます。この記事では、このオプションの使い方をより深く、詳細に見ていきます。 このツールで起こりがちなシナリオをカバーしていますので、ぜひお読みください。   以下が結合の使用例です:   他のデータソースにはないフィールドを作るために結合。 下の2つの表でわかるように、この2つの表にしかないフィールドがありますが、これらのフィールドを1つにまとめていきます。2つのデータセットに共通のフィールドおよび識別子として、「Fruit」を結合します:       結合をフィルタとして使用。 他のデータセットまたはリストでフィルターを掛けたい場合に、結合を使ってフィルタにかけることもできます。以下でわかるように、Customer ID 3と4はテーブル2には含まれておらず、Customer IDの3と4の記録はセンター結合からは外れてしまいます。                                                                                                                              テーブル1 テーブル2      テーブル1とテーブル2の結合結果   データ範囲の結合.   結合の出力結果が思っていたよりも少ないと気づいた場合、この記事をぜひお読みください!   ここまでくれば、あなたの結合ツールの使用スキルは専門家のレベルまで達したことでしょう!私たちがここで提供していない使用方法があれば、下のコメント欄にぜひ書き込んでください!もうツールマスターを自負していますか?こちら community@alteryx.com までご連絡くだされば、ツールマスタリーシリーズに、あなたのクリエイティブなツール使用法を掲載いたします。   毎週のツール・チューズデーには、TwitterでAlteryx をフォローして最新の投稿をご確認ください!Designerツールのすべてをマスターしたい方は、メールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
ツールマスタリーシリーズは、Designer ツールにおける様々な使用例を紹介する知識ベースをまとめたものです。Alteryx Designer の習得に役に立つよう、それぞれのツール情報を下記のリンクにまとめました! 入出力 閲覧 現在日時 ディレクトリ データ入力 データ出力 テキスト入力 準備 オートフィールド データクレンジング フィルタ フォーミュラ 行生成 複数フィールドフォーミュラ 複数行フォーミュラ レコードID サンプリング セレクト ソート タイル ユニーク 結合 フィールド付加 ConsumerViewマッチ 検索置換 ファジーマッチ 結合 複数結合 グループ作成 ユニオン パース 日時 正規表現 列分割 変換 アレンジ クロスタブ 累計 集計 転置 レポーティング グラフ作成 Eメール 画像 インサイト インタラクティブチャート レイアウト レンダリング レポートフッター レポートヘッダー レポートマップ レポートテキスト テーブル ドキュメンテーション コメント エクスプローラボックス ツールコンテナ 空間 ポイント作成 距離 最寄り地点検索 空間情報 商圏分析 インタフェース アクション アプリおよびマクロ チェックボックス コントロールパラメータ 日付 ドロップダウン エラーメッセージ マクロ入力 数値増減 ラジオボタン データ調査 アソシエーション分析
記事全体を表示
AlteryxをMac上で実行したい場合は、次の提案をお読みください。 これはまだAlteryxで公式にサポートされていないことにご注意ください。しかし、これを必要とされるお客様がいらっしゃることも弊社は理解しておりますので、AlteryxをMac上で使用する際の利点と欠点に関して、バーチャル環境で積極的に対処したいと考えます。  AlteryxはWindows向けに開発されていますが、AlteryxをMacにインストールする方法が2つあります 1) OSXに内臓されている Bootcampを使用する。 2) 仮想マシン製品を使用する(OSX内でWindowsをエミュレートする)ーVMWare または Parallels等   BootCamp - 利点 · ハードウェアにフルアクセスでき、より重いCPUニーズに対応可能 (Alteryx はBootCamp で設定した方が早く作動します)。 · すべての新しいMacに無料で実装。 · BootCampパーティションはMac仕様のセットアップで容易。     BootCampー欠点 · 「マニア」であるほど、さらにコンピュータの知識とスキルが必要です。 · OS X または Windowsの起動時にオプションキーを押さえたままにしてブートする必要があります。(もう一方が最初に開始するよう設定してある場合は、こうして切り替えます)。 · PCと同様マルウェアに感染してその駆除が難しいと、OS Xに影響を与える場合があります。 · 更新、ファームウェア、修理のためにOS Xパーティションをドライブに保存しておく必要があります。 · サードパーティのWindows用ソフトウェアが対応している汎用PCよりも修復や修理が難しくなります。 · Windows 7のみ対応(最新の OS X バージョンはWindows 8もサポートします。)   仮想マシンソフトウェアー利点 · ゲストOSをOS X上のウィンドウで実行、新しいユーザーやまだ使い方をマスターしていないユーザーにとってよりフレンドリー。 · RAMがサポートできる限りいくつのOSでも、OS XからWindows、Linux等への切り替えが容易。 · VMソフトウェアの商用版で現在インストールされているBootCampをコピーでき、そのWindowsをOS X内で使用して、BootCampと仮想マシンバージョン両方の利点を利用できます。 · 使用がより簡単、ゲストOSの「スナップショット」ステートは更新・マルウェアの対処のために数秒で戻すことができます。 · ほとんどどのOSバージョンでも実行可能。Windows XP、Vista 7、Vista 8、Linux各バージョン、OS X サーバーエディションのみ(VMed Lion in Lionはok)。 · 十分なRAMとドライブ容量がある限り、1度に1つ以上のゲストOSを実行可能。 · ほとんどの軽量なゲストOSプログラムの使用がより簡単、デュアルブートの必要がなく、ゲストOSをプログラムの中のファイルのように実行。 · 統合も可能、2つ以上のOS間でのコピー&ペースト、フォルダの共有等。 · 仮想マシンソフトウェアまたはOS Xの「強制終了」で簡単にトラブルから抜け出せます。   仮想マシンソフトウェアー短所 · ゲスト OSはハードウェアへのアクセスがなく、Direct Xなし、3Dアニメーションは限定され、ネイティブブートのためスピードが約1/5と遅い、3Dゲーム等でしか違いが現れない。 · より多くのRAM容量と高性能のマシンが必要となり、コア4以上、4GB以上のRAM、専用のビデオカードの使用が推奨されます。(2 コア 2GB RAM でも使用可能ですが、お勧めしません)。 · RAM及びコアをOS Xと共有。 · OS Xのクライアントバージョンは実行できません(Lion in Lionを除く)。これはApple社の依頼によるものです。 このガイドライン作成に関し、助けとなってくれたDavid Sommers さんに大変感謝します! ではまた! Chad Twitterでフォローしてください!@AlteryxChad  
記事全体を表示
Alteryxが愛されている最大の理由の1つは、非常に多くの異なるデータソースを読む能力を備えていることです。 限度といえば、PDFやWordドキュメントの読み込みには、別のソースからのヘルプが少々必要になるという点だけです。 どんな場合にこれをすることになるでしょうか?わかりやすい例の1つは、履歴書がたくさん入ったフォルダーを解析して、ある特定のテキストを検索するといった場合でしょう。  Alteryxが自動的に読み込みできないのはなぜ?これらのファイルタイプは標準データ形式ではないため、読み込むには最初に通常のテキストファイルに変換する必要があります。 変換するには、無料のオープンソースプログラムDocToTextがご利用いただけます。このプログラムはコマンドラインで実行し、これらのファイルをAlteryxが問題なく読めるテキストファイルに変換することができます。 この投稿に例を掲載しておきました。 このワークフローは、あまり使われないツール、コマンド実行ツールを使用します。 このツールの助けを借りると、特定のソースフォルダ内のファイルのリストを読み込むことができ、情報を解析してDocToTextが使用できるものにします。次にコマンド実行ツールですべてのファイルをテキスト形式に変換し、その後利用できるようにします。 必要なものはすべて添付してあります(モジュールで有効なフォルダ構造を含む)。  添付のyxzpファイルをダウンロード・抽出し、モジュールを確認してみて、ご意見をお聞かせください。この例はversion 10.0用にアップデートされています。このパッケージを抽出する際、いくつかの依存関係のエラーが発生することがあります。ご心配なく、実行には影響ありません。 ベースアプリと提案してくれたMaureen Wolfsonさんに感謝します。ではまた! -Chad Twitterでフォローしてください!@AlteryxChad
記事全体を表示
ファイルを1つのExcelファイル内の複数のシートやタブに出力するには、出力ツールを利用します。   この例では、複数のシートまたはタブを作成します。  都市ごとにひとつのタブがあるため、同じ都市の全カスタマーが同じシートまたはタブにいることになります。 出力ツールをChange File/Table Nameに設定して、Field Containing File Name or Part of File Nameのドロップダウンでファイルを分けるフィールドを選択します。このエクササイズでは、フィールドはCity16です。 出力は都市ごとにシートまたはタブに表示されます。   2015年12月8日更新:   似たようなことですが、色つきできちんとしたフォーマットのエクセル出力と、そのエクセル出力のAlteryxレポート機能を得られるように、Alteryxレンダリングツールを使用して名前付けシートが欲しい場合は、最終レイアウトツールの縦向きのセクション区切りと合わせてレポーティングツールの「グループ化」機能を使用できます。添付の、10.0で作成された例(SheetNames.yxmd)をご覧ください。
記事全体を表示
あなたのスプレッドシートに同じ構造の複数のシートがあると仮定して、一度でモジュールに複数のシートを読込みたいとします。  まず最初に浮かぶ解決策としては、シートごとにひとつの入力ツールを使い、ユニオンツールを使って全てのデータを融合するという方法です。  この場合にお勧めの代替手段は、動的入力ツールの使用です。 この例では、5つの州の人口統計データを用意しました。1つの州のデータが1つのExcelファイルの5つのシートにそれぞれ存在しています。  このシナリオでは、5つのシートのうち3つのシートのみ(Alaska、Arizona、California)からデータを入力したいと考えています。 テキスト入力ツールを使用して、3つのシートの名前を特定できます。次の画像をご覧ください。  次に動的入力ツールに接続します。動的入力ツールがインポートする「ファイル/テーブル名」を更新する手段として、テキスト入力ツールで特定したシート名を使うように設定しています。         動的入力ツールの設定 入力ツール設定から、Excelファイルを閲覧し、シートまたはタブの1つを選択します。この選択がプレスホルダーの役割をします。  テーブルまたはクエリの「Modify SQL Query」のラジオボタンをクリックし、次に設定ウィンドウの右側で「追加」のドロップダウンボタンをクリックし、「特定の文字列を置き換える」というオプションを選択します。     ポップアップしてくるモジュラーウィンドウには、置換するテキストの下に 、 SELECT * FROM `Alabama$` という文があるはずです。また、置換フィールドの下にはテキスト入力ツールからのフィールドが追加されるはずです。       モジュールが実行されると、‘Alabama$’ テキストはテキスト入力ツールで特定されたテーブル名に置き換えられます。 では、「データソースのリストを読み込む」のラジオボタンを選択して、「フィールド」選択ドロップダウンでテキスト入力ツールで作成されたフィールド名を選択し(シート名がタイプされています)、「アクション」にはファイル/テーブル名を変更 を設定します。 モジュールを実行した後、3つの異なるシートからのレコードが閲覧のテーブルビューに追加されていることが分かるでしょう。  このプロセスを利用する優れたオプションは、オプション5の「ファイル名をフィールドとして出力する」です。これにより、完全なファイルパスまたはファイル名をそれぞれのレコードのフィールドとして加えることができます。  すばやくグループ分けし、ソースとなっているシートにしたがってデータを整理できる優れた手段です。
記事全体を表示
この記事はツールマスタリーシリーズの一部です。Designerツールのさまざまな活用例の紹介に役立つナレッジベースを編纂したものです。ここでは、Alteryx Designerをマスターする過程の一部として、クロスタブの使用について掘り下げていきます。   時には大量のデータを目の前に、どのようにして必要な形に整理しようかと考え込んでしまうこともあるでしょう。どの方法も大変手がかかるように思えますが、無精者としてはー いや、そうではなくて、データブレンディングの専門家としては、そんな方法は絶対に避けるべきなのです。   このような状況では、ちょっと違ったアプローチを考えましょう。 そんな時は、クロスタブ ほど適したツールはありません。このパワフルなツールはデータをどのような形にも整理しなおすことができ、問題に新しい角度から取り組むことができるようにしてくれます。この記事では、いくつかの活用事例をお見せして、この素晴らしいツールの利用方法をご紹介しましょう。   活用事例1:グループ分けにより、ダイナミックデータの抽出がより簡単に   データは? 下のField_1のようなリストを受け取ります。PMIDは、データベース内の医療ジャーナル記事のID番号を差します。各FAUは、記事の著者になります。1つの記事に複数の著者ということもあります。     ゴールは? 最初のフィールドと列にあるID番号のついたテーブルは著者に対応しています。     その方法は? フィルターをかけて識別子を分けることでデータを準備します。上の3列目「Field_12」が使用できるデータを示しています。 複数行フォーミュラを使用して、ID列と著者列をそれぞれ特定します。この場合、各ID番号は「0」で表され、別の著者に達するまで、著者をゼロから順番に数えていきます。「ヘッダー」列を見てください。 別の複数行を使用して、各グループのヘッダーを関連付けます。これは基本的にRecordIDとなり、データベース内の1枚の紙を識別するものです。上の「グループ」列を見てください。 クロスタブ!これらの識別列を使用して、データをシフトすると、各ヘッダーが列を作成し、各グループが行を作成します。上の最初の画像の設定ウィンドウを見てください。   活用事例2:複数のフィールドの計算を動的に行う   データは? 下に示している複数の数値フィールドです。これらはカテゴリーフィールドごとにグループ分けされており、あなたはユニークなRecordIDフィールドを追加しました。     ゴールは? 各カテゴリ内で各列の移動平均を出します。     その方法は? 各列に複数行フォーミュラを書くかわりに、すべてを1列に転置 、キーフィールドの「RecordID」と「HPカテゴリー」を追加します。最初の画像の設定ウィンドウを見てください。これは、下の出力の結果となります。 より難しい作業に思えるかもしれませんが、この方法により移動平均を一挙に計算することができます。複数行ツールを使用して平均を出します。グループ分けオプションの使用により、間違った値を拾ってしまうことを簡単に避けることができます。「HPカテゴリー」と「名前」にチェックマークを入れます。存在しない行の値を、有効な行に最も近い値に設定することを忘れないでください。 クロスタブ! を使用して再構成(「RecordID」、ヘッダー「名」、データ 「r3」ごとのグループ分け)   活用事例3: ややこしい論理も、クロスタブの方法論でわかりやすく   データは? 5つのアイテムの可能な組み合わせすべてのリストがあります。各組み合わせに対して、アイテム数に対応する行数に各アイテムの重さと値が表示されています―例 123の組み合わせは、アイテム1、アイテム2、アイテム3の情報として3回表示されています。     ゴールは? 最少重量や最大値等、特定の基準に合うようにアイテムの選択を最適化することとします。          その方法は? 最初の画像が示しているように、フォーミュラ ツールを使用して、「重量」の列を追加します。 「合計」と クロスタブ を使用して、各組み合わせですべてのアイテムの総重量を求めます。「重量」ヘッダーはすべての「kg」値をグループ化し、「組み合わせ」をグループ化することですべての組み合わせに新しい行を作成します。 「値」($)も同じようにします。  プロのヒント:フィールドの名前を変更     クロスタブツールのマイナス面は、フィールドヘッダーにスペースを含む特殊文字があるとうまく機能しないということです。例えば「a a」というヘッダーがある場合、実際には「a_a」となってしまうのです。これはちょっと不便ではありますが、弊社がAlteryxエンジンを開発する際、フィールドヘッダーの見栄えよりもスピードと効率性を重視したことによるものです。でもご心配なくーこの問題に対して完璧な解決法をご用意しています (実際その方法は1つだけではありません!) 動的リネームという素晴らしいツールを使用するのです。これが私が通常好む方法です:     これらの活用事例に示されているワークフローに関しては、追加のAlteryxパッケージをご覧ください。内容の取り出しに際して、エラーが表示される可能性があることにご注意ください。ただし、これはワークフローの実行に影響を与えるものではありません。   ここまでくれば、あなたのクロスタブツールの使用スキルは専門家のレベルまで達したことでしょう!私たちがここで紹介していない活用事例があれば、下のコメント欄にぜひ書き込んでください!もうツールマスターを自負していますか?community@alteryx.com までご連絡くだされば、ツールマスタリーシリーズに、あなたのクリエイティブなツール使用法を掲載いたします。   毎週火曜日のツール・チューズデーには、TwitterでAlteryxをフォローして最新の投稿をご確認ください!Designerツールのすべてをマスターしたい方は、Eメールでのお知らせに登録されることをお薦めします。
記事全体を表示
この記事では、Designerバージョン10.0を使用して、バッチマクロを利用し、複数のExcelファイルから複数のシートを読み込む方法について説明します。この例で使用する2つのExcelファイル名をFruitsとVegetablesとし、それぞれにApple、Oranges、BroccoliとSpinachという名前のシートがあります。   最初のステップは、入力ツールを使用してExcelファイルの1つからシート名のリストを読み込むことです。この機能は10.0の新機能であり、動的入力ツールと組み合わせて使用すると非常に便利です。   次に、前のステップの入力ツールを動的入力ツールに接続します。この構成では、データ入力ソーステンプレートと同じExcelファイルを使用します。入力ツールのシート名フィールドをデータソースのリストとして使用することができます。ファイル/テーブル名の変更を行っていきます。   これで、インタフェースツールをキャンバスに追加する準備が整いました。コントロールパラメーターツール、2つのアクションツール、およびマクロ出力を取り込みます。コントロールパラメーターを2つのアクションツールに接続し、入力と動的入力に接続します。マクロ出力は動的入力の出力に接続されます。   このアクションツールの設定では、アクションタイプを [値を更新] にします。入力と動的入力に渡されるファイル値を更新したいと思います。ただし、シート名を除いて文字列の一部のみを更新する必要があります。そのため、[特定の文字列を置き換える] を選択します。これにより複数のファイルをバッチ処理できます。   最後に、Excelファイルのスキーマが異なる場合は、インタフェースデザイナーでワークフローがエラーにならないように、名前または位置による自動設定によりマクロを設定できます。注記:同じファイル内のシートは同じスキーマにする必要があります。 これでマクロを保存して使用する準備が整いました!   新しいキャンバスにディレクトリツール(すべてのExcelファイルが1つのディレクトリにある場合)を配置するか、テキスト入力を使用して各ファイルパスの場所を手動で入力します。ディレクトリまたはテキスト入力ツールの後に、マクロを挿入し(キャンバスを右クリック -> 挿入 -> マクロ)、マクロ設定内で質問のフルファイルパスを選択します。閲覧を追加して実行し、結果を確認してください!     これで、複数のExcelファイルから複数のExcelシートを読み込むことができます!   添付のワークフローパッケージには、Alteryx v.10.0で作成されたワークフロー、バッチマクロ、およびExcelファイルが含まれています。   Tony Moses クライアントサービス担当  
記事全体を表示
異なるフィールドのスキーマで複数ファイルを読む   この記事は CS マクロ 開発シリーズの一部です。   このシリーズの目標は、有効な動的 マクロ を発達させるためのヒントやこつ、考え方についてご紹介することです。   ご自分のローカルドライブ上またはネットワークロケーション上で1つのフォルダ内の複数ファイルを読み込む際、ディレクトリツールは大変有効です。ファイルパスのリストがあれば、動的ツールを使用するか、バッチマクロを作成してこれらのファイルをすべて読み込むことができます。    動的入力ツールは、すべてのファイルが同じフィールドスキーマを持っている場合に使用できます。    しかし、フィールドスキーマが違う場合、フルファイルパスの読み込みに動的入力ツールを使用する際に下のような警告が表示されます。   結果として、複数のファイルを何度も同時に呼び出すために使用できるシンプルなバッチマクロを作成することができます。        マクロの内側ー最初のステップはワークフローを作成することです。   1) 入力ツールを使用し、読み込みたいファイルを1つ選択します。この例では.xlsxファイルを使用していますが、読み込みたいファイル形式を何でも選択できます。ただし、読み込もうとするファイルは全て同一のファイル形式でなければなりません。   2) 入力ツールの上にコントロールパラメーターを追加します。これで、マクロの外で1度に1つのファイルパスを通過することができます。このツールでは構成は不要です。   3) コントロールパラメーターの「Q」から入力ツールのライトニングボルトにドラッグします。これでアクションツールに追加します。アクションツールで、構成ウィンドウのファイルパスをハイライトします。   これで構成ウィンドウの一番下の「特定のストリングを交換する」オプションに追加されます。以上により、コントロールパラメーターを通る値は入力ツールで交換されることになります。    4) 入力ツールにマクロ出力を追加します。こうすることで、もとのワークフローにマクロからデータが戻っていくようになります。          次に、ビュー>>インターフェースデザイナー(ID) に行き、IDウィンドウの左側にあるコグアイコンをクリックします。       出力モードで、オプションを次のように変更します:   ― 名前別の自動設定(すべての反復が実行されるまで待機)ー 名前による自動構成は、同じ名前のフィールドを結合させます。   ー 位置別の自動設定(すべての反復が実行されるまで待機)ー 位置別の自動設定はフィールド1等を 読み込んだ各ファイルの同じ位置に結合します。       これで、動的入力で示された警告を解除することができます。    ワークフローにマクロを挿入   1) ファイル>>新規保存 - アクセス可能な場所にマクロを保存してください。コントロールパラメーターとマクロ出力を追加したので、Alteryxはこれがマクロワークフローであることがわかります。    2) 新しいキャンバスで右クリックし、キャンバス>>挿入>>>マクロと進みます。   3) ファイルのリストを読み込んでいる場合は、ディレクトリツール でファイルの入ったフォルダにアクセスすることができます。   4) これはxlsxファイルの例なので、各ファイルにシート名を付ける必要があります。別のファイル形式を読み込んでいる場合は、このステップは必要ありません。   5) 制御パラメーターを設定し、「フルパス」を選択します。       ワークフロー例(バージョン11.0)が添付されています。これをテンプレートとして使用していただけます。    バッチマクロを作成したい場合は、弊社のオンデマンドトレーニングウェブページにわかりやすい動画を掲載しています。http://www.alteryx.com/on-demand-training   *このマクロはテスト済ですが、すべてのシナリオで正しく動作するとは限りません。スレッドにコメントいただければ喜んでお手伝いします。   今後ともよろしくお願いします。   Jordan Barker クライアントサービス担当
記事全体を表示
ジョインツールはAlteryxで最もよく使用されているツールの1つですが、最も誤解されているツールの1つでもあります。このことは、新規ユーザーが以前に他のデータ操作プラットフォームで結合を使用したことがない場合、または結合しているフィールド内のレコードを追跡できないような大きなテーブルに結合している場合に特に当てはまります。   ここで、1つの共通フィールドに2つのテーブルを結合する際に起こりうる3つの異なるケースを見ていきます。 ここで紹介する(この記事に添付されている)ワークフローは、10.5で作成したワークフローで、以下のものと同じビジュアルが含まれています。   ケース #1: ユニークなレコードを持つフィールド同士をジョインする   これは最も簡単で理解しやすいケースです。このケースでは、どちらの入力も「Fruit」の名前が付けられたフィールドでジョインします。「Fruit」フィールドのレコードが一致すると、ジョインによって両方のテーブルのレコードが整列されます。   その結果、ジョインしたテーブル(J出力)は次のようになります:   大変わかりやすいですよね。   ケース #2: 1つだけがユニークのレコードを持つフィールドでジョインする   このケースでは、左の入力に「Banana」のレコードが2つあります。これは、右入力に「Banana」があるレコードが2回一致し、左入力から両方のレコードに追加されることを意味します。出力は次のようになります:     ケース #3: どちらもユニークではないレコードを持つフィールドでジョインする これは非常に理解しにくいかもしれませんが、視覚的にそして数学的に見ると、これが理にかなっている理由、また不要なレコードを避けるために何ができるかを理解できるでしょう。   この場合、「Fruit」に2つのレコードがあり、どちらのテーブルにも「Banana」があります。上記のケースと同じことがここでも発生しますが、右入力からの2つのレコードと、左入力からの2つのレコードが一致しているため、2回発生する点が異なるところです。そのため、出力には「Banana」という単語を含む合計4つのレコードが含まれます。 出力は次のようになります:     ケース#3とケース#2の両方を数学的に見ると、両方のテーブルに表示されるレコードの量を掛けることによって、各レコードインスタンスに対して取得するレコード数がわかります。上記の例では、"Fruit"をジョインしているため、両方のテーブルでbananaのレコードが2回表示されています。2バナナ × 2バナナ = 4バナナと考えることができます。   次のように右入力に別の行を追加した場合:   これで3 x 2になりましたので、"Fruit"フィールドに"Banana"を含む6つのレコードの組み合わせがあるはずです。         2つのテーブルをジョインしていて、予測していたより多くのレコードを取得した場合、これが問題の原因となる可能性が最も高くなります。上記のケースを理解できていない場合、まさに誰でもイライラしてしまうでしょう。ベストプラクティスとして、テーブルをジョインする前に次の2つの手順に従います。   1 :重複レコードがないかテーブルを確認してください。 上記のケースでは、右入力に重複レコードが3つありますが、ユニークツールを使用してこれらの重複を取り除くことができます。 出力はケース2からの出力とまったく同じになります。ユニークツールの後に"Banana"のレコードが1つしかないからです。   2 :複数のフィールドでのジョインが適切な選択肢であるかどうかを確認してください。 例:"Fruit"に"Banana"を含む2つのレコードを持つテーブル1と、”Fruit”に対応する”FruitID”を含む“Store ID”に‘X’を含む2つのレコードがあります。 テーブル2には、“Store ID”と対になる“Store employees”フィールドがあることを除いて、同じ“Fruit”フィールドと“Store ID”フィールドの両方があります。                                                                     テーブル 1 テーブル 2   すべてのデータがうまくペアになるように、データをすべてまとめていきます。 理想的には、”Store Employees”フィールドと“FruitID”フィールドを1つのテーブルにまとめて、ジョインから得られるレコードを4つだけにします。ただし、“Store ID”または“Fruit”のいずれかに共通の1つのフィールドをジョインするだけでは、組み合わせは得られますが、データを正しく配置することができません。下記を参照してください。   “Fruit”をジョインする   この場合、Store IDが一致しない2つのレコードが表示されます。   “StoreID”をジョインする   この場合、Fruitsが一致しない2つのレコードが表示されます。 これを修正するために、FruitフィールドとStore IDフィールドの両方に一致するようにジョインを設定します。     これを実行した後、ジョインテーブルは次のようになります:   複数のフィールドをジョインするときは、ジョインする前にこれら両方のフィールドのレコードが一致することを確認します。 これについて考える簡単な方法として、「Fruit」と「Store ID」がジョインされていることを想像してください。2つのユニークな実体としてBanana XとBanana Yがあり、ジョインにより、1レコード x 1レコードのジョインとなるため、ユニークなレコードができます。      
記事全体を表示
出力ツールの優れた機能の1つは、フィールドからファイル名またはテーブル名(またはその一部)を取得するオプションです。接尾辞や接頭辞の付加、ファイル名全体の変更、またはファイルパス全体の変更を行うことができます。また、フィールドを出力に残すかどうかを選択することもできます。   これが特に役立つ場合の例としては、定期的に実行されるプロセスがあるが、出力ファイルを毎回上書きしたくない場合です。datetimetoday() 関数(date time関数)を使って今日の日付を検索し、それを使ってファイル名を更新することができます。    Excelファイルの場合、ファイル名の形式がfilename.xslx|||SheetNameであるため、操作が多少異なります。   ファイル/テーブル名の変更オプションを選択すると、ファイル名ではなくシート名が更新されます。   ファイル名を更新するには、ファイルパス全体を変更オプションを選択する必要があります。アップストリームでは、ファイルパス全体を含むフィールドを作成する必要があります。 これは、今日の日付をファイル名として使用するフルファイルパスの例です:    "C:/Users/username/Documents" + DateTimeFormat(datetimetoday(),"%Y_%m_%d") + ".xlsx|||Sheet1"   今日の日付でExcelファイルとカンマ区切りファイルを更新する例については、添付のワークフローを参照してください。 
記事全体を表示
大規模なデータブレンディングのコンポーネントがあなたのデータサブセットに数学的あるいは変換プロセスを適用しています。  これには、特定の条件でコンパイルするデータを分離する必要があることが多いです。   「$10以下のコストの製品の SKU のみにフラッグを立てたい」 「25-40歳のクライアントをグループA、41-65歳をグループB、66歳以上をグループCに分類する」 「トランザクションを平日または週末で分類する」 「製品が赤ならば名前をRに変更。青ならばBに変更。黄色ならばYに変更。緑ならばGに変更。それ以外は、Other(その他) に変更。」 この状況のどれかに見覚えがありますか?そうであれば、データを変換する最適な場はフォーミュラツールの条件付き関数です(図1)。  条件付き関数は、設定した条件を満たすデータにプロセスを適用するための式を作成します。     SQL、Excel、R、あるいはそれほど難しくないものを難しくしてしまうその他のデータプログラムの世界から来た方でも、条件文のコンセプトは同じです。条件が真、あるいは真ではない場合、あるプロセスあるいは結果を適用します。  それ以外であれば、別のプロセスまたは結果を適用します。  この論理は、4種類の式のうちのひとつの形式を取ります。   1) 従来のIF文はデータ変換の中でも強力なツールです。構造的に、Alteryx はこのタイプの論理をデータに適用するために4種の Distinct 句を必要とします。   IF a condition is (not) true THEN apply Function A ELSE apply Function B ENDIF   1番目の状況(SKUと価格)を例に使います。IF文により、後に来る分析のためにどの製品にフラグを立てるか決定できるようにします。         2)ネストしたIF文により、設定されている複数の条件を可能にします。基本的に、論理文をチェーンにして合わせ、ひとつのIF文に類似した繰り返しの論理文を使用します。ドキュメンテーションが3つの設定条件の例を提供していますが、これは決して設定できる条件の数を制限するわけではありません。  使われている構文が正しい限り、もっとたくさんの条件文を設定できます!   2番目の状況(クライアントの年齢グループ)を検証しましょう。  正しい構文を続けることで、4つのグループ(A、B、C、その他)がネスト文の結果として作成されます。  ネスト文を使用するとき、式ボックスで各節を新しい行に分割すると便利だと気付かれるでしょう。下記に例を示します。     3)インラインIF(IFF)文は同様のロジックをIF文(条件の評価は「true」または「false」)に適用しますが、構文的には異なります。IIF式には3つのコンポーネントが必要で、それぞれコンマで分けます:評価するためのブール式、「True」結果、「False」結果。  TrueとFalse結果は、テキストだけでなく、数学演算にも対応します。  3番目の状況のケースでは、レコードは2種類のうちの1種にしか分類されません(Weekday またはWeekend )。IIF式は、[Day] が「Sat」または「Sun」ではない値かどうかのテストの論理に従って、データを効果的に分類します。  この式のTrue結果は「Weekday」を返し、False結果は「Weekend」を返します。          4) フォーミュラツールのSwitch関数は秘宝です!検索置換ツール、ネストIF式、SQLの部分CASE式など...とても便利です!この式は指定の結果を割り当てる複数の条件を評価します。  条件がどれも合わない場合、デフォルト値(Value)が設定されます。  Switch 関数は、Alteryxの他の同様の関数の中でも、何点かの利点があります。  まず、ネストIF文に繰り返しのIF、THEN、ELSEIFなどを使わなくとも多大な柔軟性を与えます。     2つ目に、検索したい全データの2つ目のインスタンスの置換として使う対応データを作成せずとも、検索置換ツールと同様の機能を果たします。  時間の短縮になり、尚且つ間違えやすいタイピングを避けられるならば...?使ってみます!       注記:式に使用できる演算子の種類は、出力フィールドのデータタイプによります。  文字列(あるいは他のテキストタイプ)フィールドを作成する場合、結果の前後に引用符(シングルまたはダブル)が必要になるでしょう。  グループ ‘A’ がシングルの引用符でどのように囲われるか注意してください。  逆に、数値フィールドは結果の前後に引用符を必要としません。        *添付のワークフロー Alteryx Designer v10.0 以降と互換性があります。 
記事全体を表示
Question データのホワイトスペースを取り除く方法は??ヘルプ! 回答 経験する可能性があるワイトスペースの問題としていくつか考えられますが、以下の回路図(添付のv10.6 example Remove Whitespace.yxmd)ですべてをお見せします。   ほとんどのアプローチはフォーミュラツールのトリム() 機能 を使用します。これは第2引数なしで文字列からホワイトスペースを削除するデフォルトとなっています。Designerのバージョンv10.5以降では、データクレンジングツールを使用して、フィールドをクリーンにできます!詳細はこちらをご覧ください。
記事全体を表示
Alteryxライセンスシリーズへようこそ。ここでは、Alteryxを始めるために必要なことをすべて学べます。 以下の記事では、Alteryxライセンスのインストール、管理、エラー処理の方法について学びます。 Alteryxを、皆さまにも気に入っていただけると嬉しいです!以下の情報とその後にある説明記事をよくお読みください。       11.8以降のライセンス よくある質問(FAQ) - Licensing-FAQ-Alteryx-11-8      11.7以前のライセンス情報   この情報から何かを学んだ場合は、ライセンスキーまたはファイルを適切な場所に保管してください。    Alteryxをインストールしていない、または最新バージョンをお求めの場合は、こちらのリンクをクリックしてください。- http://downloads.alteryx.com/   サポートされているデータソースと合わせて、技術仕様をこちらでご確認ください:http://www.alteryx.com/techspecs   ライセンシングの問題やご質問はこちらにご連絡ください:fulfillment@alteryx.com   ライセンス契約:添付ファイルをご確認ください   ライセンスキーアクティブ化に必要な事項: ライセンスキーを使用するには、Alteryxが当社のライセンスシステムと通信するために、いくつかのシステムセキュリティ設定が利用可能である必要があります。必要となる設定一覧は次の通りです: 1. ポート80とポート443を開く 2. ホワイトリスト: license.alteryx.com、gallery.alteryx.com、pages.alteryx.com、marketo.net、mktoresp.com、fno.devops.alteryx.com、licenses.alteryx.com 3. ライセンスサーバーは "license.alteryx.com"です。これはgallery.alteryx.comのエイリアスで、Amazon Web ServicesのElastic Load Balancerに関連付けられた複数のIPアドレスに変換されます。AWS ELBがのちにIPアドレスを変更する可能性があります。tcp/80およびtcp/443へのアクセスを拒否するファイアウォールでIPアドレスを静的にホワイトリスト登録している場合、静的なホワイトリストが無効になるため、エンドユーザーは最終的にライセンスサーバーへの接続を失います。解決策は、"license.alteryx.com"の新しいDNSルックアップの結果に基づいて、ホワイトリストを定期的に更新または再実装するプロセスを有効にすることです。  4. プロキシサーバーをご利用ですか?Alteryxがそのサーバーにアクセスできることを確認してください。プロキシサーバーでスクリプトを使用している場合は、ライセンスキーを使用できません。ライセンスファイルを使用してください。   Alteryxバンドルライセンス: Alteryx Designer Alteryx Designer w/Spatial Alteryx Designer w/Scheduler Alteryx Designer w/Data Alteryx Designer w/Scheduler w/Data Alteryx Server Alteryx Server w/Data 基本的な展開 空間データ スケジューラオプション データ: 米国、カナダ、ヨーロッパ、または全て* スケジューラオプション データ: 米国、カナダ、ヨーロッパ、または全て* スケジューラとギャラリー スケジューラとギャラリーおよびデータ: 米国、カナダ、ヨーロッパ、または全て* *データパッケージには、世界の他の地理的地域が含まれています。その他のデータパッケージにご関心がある場合は、アカウント担当者にお問い合わせください。   注記:Alteryx Server w/Dataは、Designer w/Dataライセンスを所有するユーザーを対象としており、サーバー上のデータを利用してワークフローを展開できます。Alteryx Serverにはデータが付属していません。データライセンスを所有するユーザーのみがサーバー上のデータを利用することができます。ご質問がある場合は、ライセンス契約をご参照いただくか、アカウント担当者にお問い合わせください。                                                                                                                                                                                                                    AlteryxをサーバーOS、仮想マシンでご利用の場合、または契約が終了した場合のインストールオプションについては、アカウント担当者にお問い合わせください。    ライセンスをインストールするためのマシンの設定方法は以上となります。次の記事にお進みください: ライセンスシリーズ Part2 - ライセンスのインストール ライセンスシリーズ Part3 - ライセンスの管理 ライセンスシリーズ Part4 - ライセンスのエラー
記事全体を表示
VLOOKUPは、エクセルで最も一般的に使用される機能の1つでです。 VLOOKUPは、ルックアップ範囲内の最初の列から、ルックアップ値を探します。 その範囲から戻ってくる列番号を特定して、関数構文を完成させます。 言い換えると、VLOOKUPは結合なのです。 あるデータの列が特定の範囲に結合され、その範囲から一連の値が返されます。    この投稿の目的は2つあります: 1. AlteryxでのVLOOKUPの方法をお見せすること。 2. AlteryxでのVLOOKUPのほうが実際容易であるとお見せすること。    話をわかりやすくするために、エクセルファイルに2つのワークシートがあるとしましょう。 シート1には売上データのマスターリストが載っています。 このデータは次のように見えます:       シート2は一部の営業担当者のリストで、ファーストネームとラストネームが含まれています:     VLOOKUP機能を使用して、リストにある営業担当者をシート1の営業担当者から検索して、各担当者の売上データを求めます。 シート2の営業担当者リストの中に「アンジェリーナ」という人が2人いることに注目してください。 シート1には複数の「アンジェリーナ」と「マイケル」がいます。 ファーストネームだけを使用してVLOOKUPを行うと、正しい戻り値が得られません。 さらに、ラストネームで、またはファーストネームとラストネーム両方の連結でも、常に正しい戻り値を得られるとは限りません。 世の中には多数の「マイケル・トーマス」がいますし、あなたの使用しているデータ範囲にも複数人いるかもしれません。 VLOOKUPを完結する最良の方法は、一意な識別子を各営業担当者に付けることです。 しかし、また話をわかりやすくするために言いますが、各ファーストネームとラストネームの組み合わせが一意な名前/識別子を作るとしましょう。    最初に必要なのはファーストネームとラストネームを新しいフィールドで連結させることです。     シート2のデータでも同じことをします。 VLOOKUPが正しく作動するには、データが並べ替えられている必要があります。 この場合、シート1とシート2の「連結名」を昇順にソートします:     これで、=VLOOKUP機能を使用する準備が整いました。     できました!Alteryxで同じことをする方法を見てみましょう。 (ヒント:やり方はひとつとは限りません)。  まずはシート1と2からデータを持ってくることから始めましょう:       エクセルの例と同じように、ファーストネームとラストネームを新しいフィールドで連結させます。 わかりやすいように、シート1の連結名を「フルネーム」、シート2を「ニューネーム」と名付けましょう。 これをフォーミュラツールの式を使用して行います:         最後に、シート2が検索置換のF入力に、シート1がRにあたる場所に検索置換ツールを追加しましょう。      検索置換ツールの構成は次のようになります:     「売上」が「レコードに追加するフィールド」として選択されていることに注意してください。 ワークフローを実行すると、エクセルで行ったのと同じように、売上データが営業担当者ごとに得られます。      しかし、Alteryxではさらにより簡単な方法でVLOOKUPが使用できるのです!それは、結合ツールを使用するだけで2つのシートを結合するということです。      結合の設定方法について見てみましょう:     2つのフィールドを最初に連結させる必要なく、ファーストネームとラストネームのデータを結合しました。 さらに、同じ結合ツールで求める売上データを選択しました。      Alteryxは、エクセルのVLOOKUP機能にさらに便利な機能を追加しました。 売上と機会を結果に出したいとしましょう。 Alteryxでは、この処理を1回の結合で行えます。 エクセルの場合、VLOOKUPを複数回実行する必要があります。
記事全体を表示
Alteryxの長所の1つは、複数ファイルを簡単に読み込みんで1つのデータセットに自動的に組み込む能力を備えていることです。これは、異なるスキーマを持つファイルや複数のタブがあるエクセルファイルを使用している際には少し難しくなります。複数のタブのある複数のエクセルファイルを追加する場合、また各タブ内でのスキーマに違いがある場合、タスクがぐんと難しくなってしまいます。   タブのスキーマが同じであれば、こちらの記事を参照してください。   タブのスキーマが異なる(もしくは異なるかもしれない)場合(シートによってフィールド名が変わる)にタスクを行うには、ネストバッチマクロを使用します。添付の11.0のワークフロー例でこのプロセスを見ていただけます。     上の図で示されているメインのワークフローでは、ディレクトリツール入力によって、ディレクトリ内のすべてのXLSXファイルのファイルパスが呼び出されます(注:このサンプル内のツールをあなたのマシン上のディレクトリにリダイレクトする必要があるかもしれません)。     手品のようなことのほとんどは上の図のマクロで発生します。このマクロはフルパスフィールドで働いてメインのデータ入力ツールを更新し、ディレクトリ入力のリストの最初のファイルを読み込みます。最初のファイル内のシート名のリストを読み込むように設定されていますが、同時にデータ入力ツールからフルパスを出力されるようにも設定されています。エクセルファイル用のフルファイルパスを受け入れるために、フォーミュラ内には求めるシート名を含む新しいフィールドが形成されます。この最終的なファイルパスは、2つ目のマクロにコントロールパラメーターとしてパスされます。   2つ目のマクロは大変シンプルです。最初のマクロから受け取ったファイルパスでデータ入力ツールを更新、ファイルを読み取って最初のマクロに返します。ディレクトリ入力ツールから受け取った各ファイル内の各シートごとに一度ずつこの動作を繰り返します。   各バッチマクロは、各バッチが完了するまでデータを維持し、すべてのデータを1つの大型データセットとして構成します。   注:サンプルは11.0で作成されましたーそれ以前のバージョンでは開きません。
記事全体を表示
エクセルテンプレートファイルへの出力方法は? フォーマットと列名がすでに設定されている既存のエクセルファイルに、データを出力することが可能です。例えば、下のエクセルファイルは最初の4行に既存データがあります。最初の4行を残したままこのファイルにアドレスを追加したい場合は、まず書き込みたい場所をハイライトします。データの正確な長さと幅が分からない場合は、大き目にしておくことをお薦めします: お望みの場所をハイライトしたあと、右クリックして「名前を定義」を選択します(オプション: ポップアップボックスが表示されるので、お好みの名前を入力し、OKをクリックします): この時、保存しようとするシートの名前にスペースが入っていないことを確認してください。確認できたら、テンプレートを保存して閉じます: 下が、上のテンプレートに追加されるデータのサンプル例です: Alteryxでは、入力ツールを使ってテンプレートファイルの更新に使用したいデータをポイントします: 出力では、テンプレートファイルを選択します。すると下のメッセージが表示されるので、上書きするには「はい」を選んでください: エクセルに保存する際は、下のウィンドウが表示されるので、テンプレートファイルのハイライトした部分につけた名前を入力します: OKをクリックしたあと、出力構成エリアにデータが入力されます。出力オプションをデータを削除追加に変更: これでモジュールを実行できます。モジュールが完了すると、更新されたテンプレートファイルを開くことができるので、事前にフォーマットされていた行/列と追加したい新しいデータを確認します: 名前を付けた範囲にフォーマット(色、テキストスタイル、太字等)を設定すると、エクセルはそれを維持するので、ファイルに書き込むデータは指定したフォーマットで表示されます。
記事全体を表示
問題   断続的に、でもしばしば起こるのですが、ワークフローを実行してうまく動作しないときに、結果ウィンドウに以下のエラーメッセージが表示されます。   エラー: Designer x64: Designer x64のレポート: AlteryxProcessManager::Start: ConnectNamedPipe: ConnectNamedPipe のエラー パイプが閉じられました。   環境   Alteryx Designer McAfee Adaptive Threat Protection   診断   サポートでは、このMcAfee Adaptive Threat Protection(ATP)に関連した ConnectNamedPipe の動作をよく見ます。このエラーが生じ、かつお客様のマシンに McAfee が搭載されている場合、以下を試して同じ動きかどうか確認してください。   テキスト入力ツールと閲覧ツールだけでワークフローを作成し、これを実行してみます。 もし初回に実行できない場合、繰り返し再実行を行い(10回まで)、最終的に実行できるかどうか確認します。 ワークフローの実行機能が断続的になるのは、McAfee ATP が問題を起こしているときにもっとも頻繁に見られる動作です。この動作を再現できる場合は、次の診断ステップを行います。 Alteryx を使用するときに、プロセスモニターを実行します(Microsoft Process Monitor はこちらからダウンロード可能です)。 結果ログファイルを確認します。 ログファイルに、Alteryx のプロセスが McAfee ATP のプロセスに混合したことを示す内容があれば(以下の図1を参照)、最後の診断ステップに進みます。     図1 – Alteryx プロセスが McAfee ATP のプロセスに混合 3.  IT チームに協力してもらい、 一時的に McAfee ATP を無効にしてエラーが完全になくなるか確認します。 1. ATP が無効のとき、ワークフローが問題なく実行できるようであれば、エラーの原因を特定したことになります!     原因   McAfee ATP の機能が Alteryx Designer ソフトウェアの内部コミュニケーションと相互作用して、遅延を生じさせ、結果的にタイムアウトになっています。McAfee ATP は Alteryx 上での何の動作もしていないのにも関わらず(ブロックなし、検知なしなど)、アプリケーションのサンドボックス機能に不可欠な McAfee ATP モジュールの存在が、Alteryx アプリケーション内でタイミングの問題を起こすことがあります。   解決策 A   IT チームと協力して、Alteryx が実行する必要がある以下のディレクトリを繰り返し用いることができるように、ホワイトリストを作成(例外を作成)します。   C:/ProgramData/Alteryx/* C:/ProgramData/SRC/* C:/Program Files/Alteryx/* C:/Program Files (x86)/Alteryx/* C:/Users/*/AppData/Roaming/Alteryx/* C:/Users/*/AppData/Roaming/SRC/* C:/Users/*/AppData/Local/Alteryx/*   注記:このフォルダ一覧はデフォルトパスが使用されていると仮定しています。デフォルトパスを使用していない場合は、それに応じてパスを調整する必要があります。   McAfee サポートから Alteryx が学んだことは、McAfee ATP ホワイトリストは再帰呼び出しできないことです。つまり、ワイルドカードを使用してホワイトリストにディレクトリを追加しても、カスケードしているすべてのサブディレクトリやファイルが自動的にホワイトリストに追加されるということではありません。Alteryx は他のユーザーと協力して、Alteryx ディレクトリのフォルダ階層の深さを検知し、その後、各フォルダの深さに合うワイルドカードホワイトリストエントリーを作成するワークフローを作成することで、この問題に対処できています。   C:/ProgramData/Alteryx/* C:/ProgramData/Alteryx/*/* C:/ProgramData/Alteryx/*/*/* C:/ProgramData/Alteryx/*/*/*/*   など         注記: フォルダ階層の深さはマシンとインストールにより異なり、どのソフトウェアとデータパッケージをインストールしているかに基づきます。お客様のマシンで各 Alteryx ディレクトリの深さを検知するワークフローのコピーを添付しています。ホワイトリストが適切に作成されているか確認するために役に立ちます。このワークフローの使用には、テキスト入力の Username をお客様のワークステーションのユーザー名と置き換える必要があります。      解決策 B   IT チームと協力して、McAfee で McAfee ATP 機能を無効にする。   追加のリソース   McAfee エンドポイントセキュリティがサードパーティアプリケーションをブロックしてしまう時のトラブルシューティング方法  McAfee Adaptive Threat Protection
記事全体を表示
 資格情報とは、コンピューター上またはネットワーク上で、誰が何に対するアクセス権限を持っているかをコントロールする方法です。資格情報は、意図されていない人物がデータ、フォルダ、あるいはコンテンツに触れないよう防ぐ手段です。     ギャラリーのワークフローは、ギャラリーがホストされているサーバーマシン上で実行されます。デフォルトでは、すべてのワークフローはサービスアカウントとして実行されます。マシンのサービスアカウントは、IT部門がセットアップした基本のアカウントの許可を持っています。   ワークフローが、サービスアカウントが正常に実行できるよう付与されている許可よりも多くの許可が必要な場合には、Run As ユーザー、サブスクリプションレベル資格情報、またはワークフロー資格情報の3つのオプションを利用できます。   ギャラリーワークフローの資格情報は、優先順位に基づくオーバーライドシステムです。何も設定されていない場合、デフォルトでは、ギャラリーはすべてのワークフローをサービスアカウントとして実行します。資格情報でRun As が設定されていると、ギャラリーはデフォルトで資格情報で実行する、といった具合になります。これを以下の資格情報のピラミッドで図式化しています。     すべてのワークフロー資格情報は、バッチジョブとしてログオンする許可、あるいはサービスマシンへのローカルログオン許可を持っている必要があります。これらの許可無しでは、認証ができなくなります。詳細な情報は、許可権限で実行に関するヘルプドキュメントをご覧ください。   お客様のプライベート Gallery に資格情報を設定する Run As ユーザーは、システム設定 > ワーカー > Run As にあり、ここでワークフローを実行するデフォルトアカウントを、サービスアカウントからお客様が選択するアカウントに変更できます。       このオプションが設定されると、ギャラリーにあるすべてのワークフローはデフォルトでこれらの資格情報の下で実行されることになります。   サービスと資格情報での実行は、サブスクリプションレベルとワークフローレベルで上書きされます。次のステップはサブスクリプションです。Alteryx Gallery ではスタジオとも呼ばれています。   サブスクリプションレベル資格情報は、サブスクリプション下にある管理者ビューのギャラリー管理者で設定できます。デフォルトワークフロー資格情報オプションは、サブスクリプション設定の終盤にあります。ギャラリー管理者は、アカウントオプションの変更を選択して、デフォルトワークフロー資格情報を変更できます。     この選択ウィンドウでは、ギャラリーで作成されたワークフロー資格情報からどれでも選択することができます(ワークフロー資格情報は、ワークフロー資格情報タブで作成されています。この記事を少しスクロールダウンすると説明をご覧いただけます)。     サブスクリプション資格情報は部署レベルの許可向けに便利です(例:人事部署ワークフロー資格情報はIT部署の資格情報とは異なる許可を付与するなど)。   ワークフロー資格情報はレベルが最も細分化された資格情報です。そのため、他のワークフロー資格情報設定をすべて上書きします。ワークフロー資格情報は、ギャラリーの管理者ビューのワークフロー資格情報オプション下で追加することができます。     ここで注意すべき重要なことが2点あります。1つ目は、ワークフローの資格情報設定を変更するオプションです。     この設定には、デフォルト資格情報を使用する、ユーザー資格情報を要求する、ユーザーが資格情報オプションを選択できる、の3つのオプションがあります。   デフォルト資格情報を使用するオプションは、デフォルトで選択されています。このオプションは、システム設定でRun As ユーザーとして設定されているすべてのワークフローを実行します。あるいは、利用可能であれば、サブスクリプション資格情報として実行します。   ユーザー資格情報を要求するオプションは、ユーザーがワークフローを実行するときにいつでも自分の資格情報を入力するためのユーザー用のプロンプトを有効にします。     資格情報選択をユーザーが選択できるようにすると、ユーザーはデザイナーからギャラリーにワークフローを公開する際にワークフロー用の資格要件を特定できます。3つのオプションがあります。     ワークフロー資格情報タブで覚えておきたいことの2つ目は、新しい資格情報を追加するオプションにより、お客様のギャラリーに新しい資格情報を追加できる点です。これらの資格情報は、ワークフローに適用、あるいはスタジオ資格情報として使用されます。      ギャラリーに資格情報が作成された後、その資格情報を使用するためにユーザーとスタジオに共有する必要があります。資格情報をクリックして、資格情報を誰と共有するか編集することができます。     次に、ユーザーとスタジオタブに移動します。     Alteryx Server バージョン2018.1以降の諸々のトラブルシューティングでは、ワークフロー結果タブで、ワークフローがどの資格情報として実行されたかわかります。        これは、ワークフローを実行できなかった理由を探す際に役に立ちます。おそらく、必要な許可がなかったのでしょう。   まとめ   この記事の最初の方に説明されている通り、ギャラリーワークフローの資格情報は、優先順位に基づくオーバーライドシステムです。優先順位の高い資格情報が使用されます。資格情報オプションが何も設定されていない場合、ギャラリーはサービスアカウントをデフォルトとしますが、サービスアカウントは限られた許可しか持っていないことが多いため、問題が起こる可能性があります。   追加の情報は、Gallery ヘルプドキュメンテーションをご確認ください。  
記事全体を表示