コミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ブログ - 日本語

アナリティクスに関する聡明な考えに触れ、インサイトとアイデアが得られます。
Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxでは高度な分析を行うためにRやPythonのコードを記述して実行可能です。
これらのツールはAlteryxでは"コードフレンドリー"と称される機能の1つで、Alteryx Designerの中での利用機会はそれほど多くありません。
しかし、予測分析や機械学習、AIなどの仕組みを実現するための方法としてAlteryx内部でも利用されているツールとなります。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

作成したマクロを配布する際には、yxmcファイルをそのまま共有したりPublic GalleryやAlteryx Serverにアップロードしたりといった方法があります。
これは非常に簡単な方法ですが、マクロの中で別なマクロを作成して利用していたり、HTML GUIを使ったマクロだったりすると、配布すべき対象が増えてしまい管理が煩雑になります。

 

yxiファイルを作成することでそれらの依存ファイルをまとめて1つのファイルとしてパッケージングできるとともに、Alteryxから利用可能となるよう簡単インストールできます。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

通常、Alteryxで作成したマクロはインターフェースデザイナーでレイアウトを決めます。

 

インターフェースデザイナーでは、設置されたインターフェースツールに基づいて項目が自動生成されるほか、項目のグループ化やタブの作成が行えます。
しかし、UIとしての見た目の変更は柔軟には行えません。
また、設定画面自体に何らかの動作をさせることはできません。

 

これは例えば、Google Sheetsツールで実現しているような

 

  • 設定画面で認証を行う
  • 認証後画面が遷移して一覧から読み込むスプレッドシートを選択

のような設定画面はこの機能のみでは実現できないことを意味します。
こういった仕組みを実現するには設定画面をHTMLを使って構築し、JavaScriptによって内部処理を行う必要があります。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

マクロを作成することにより、よくある処理を1つのツールにまとめることが可能です。
せっかく汎用的な処理をマクロ化して便利に利用できるようになったら、いろんな人に使ってもらいたいものです。
そんな時便利なのが、Alteryx Public Galleryです。
ここではすでに多くの便利なワークフローやマクロが公開されていますが、アカウントを持っている人であれば誰でも自作のワークフローが公開可能です。

詳細を読む...

Alteryx Certified Partner
Alteryx Certified Partner

Alteryxを使っていると、「よくやる同じ処理」があることに気が付くかもしれません。
こういったものを繰り返し何度も作成するのは手間がかかりますし、問題があった場合の修正範囲も多くなってしまいます。

 

Alteryxでは、こういった状況での効率化のために「マクロ」という仕組みを用意しています。
共通の処理を行う部分をマクロとして実装することで、あたかもそれがツールであるかのように利用可能になります。

詳細を読む...