Free Trial

ユースケース - 日本語

シーメンスは 5000 万データ行を数分で処理

AlteryxAdvocacy
Alteryx
Alteryx
Created
作成者:
Jon Cajacob 氏と Tony Adam 氏
役職:
財務部門データおよび分析担当プロジェクトマネージャー / グローバルビジネス改善マネージャー
会社:
Siemens AG

ユースケースの概要

Siemens 社は 1847 年にドイツのベルリンで設立されました。同社は世界中に 38 万人の従業員を擁しています。このユースケースでは、Siemens 社が運営会社全体のスマートインフラストラクチャ向けに、Alteryx を使ってデータ準備と読み込みプロセスを自動化した方法をご覧ください。同社は、生産性レポート向けに大量のデータを準備するのにかなりの時間を節約しました。Alteryx を使用すると、知識のある専門家でも IT に精通していない担当者でも、より迅速にレポートを取得できます。それに加えて、Siemens 社は、大規模で複雑な企業財務データモデル向けの完全に統合されたプロセスを、コードフリーの高速で俊敏な方法で実装できました。

 
解決する必要があるビジネス上の課題や問題について説明してください。

Siemens 社は 85 か国で営業しているため、会社全体の財務データの統合は複雑であり、財務部門の全員が関与しています。財務データは、外部の市場データ、生産性データ、顧客または製品の詳細データと統合されます。財務部門は、ビジネスのセグメント化による地域階層を通じて集計された多くの KPI、成長率、マージンを計算します。そしてそのすべてがスプレッドシートで行われていました。それらが小さなスプレッドシートでないことは想像できるでしょう。

 

財務組織でよく目にするのは、スプレッドシートテンプレートです。次に多いのは Excel スプレッドシートで、通常は多くのモデルリスクが埋め込まれた多くの数式を含んでいます。たとえば、経営幹部レベルに伝える主要な KPI を計算する複雑な式があったとすると、その人物はその式の誤りに基づいて決定を下すことがあるでしょう。また、分析の質問に少しだけ変更があっても、コントローラーは多くの場合コンピューターに戻り、スプレッドシート上で分析全体を再度実行して答えを返さなければなりません。通常多くの時間と労力がかかり、まさに悪夢のようです。

 
実用的なソリューションを説明してください

Jon と Tony は、Alteryx を使用して複数のデータソースを接続し、変換して Tableau に出力します。その結果、これらのデータソースを Tableau Server 上で使用して、それに基づいた分析コンテンツを構築できます。組織内のビジネスアナリストまたは主要ユーザーは、準備と標準化を行い管理されているデータソースに簡単にアクセスできます。したがって、各社員はこれらの標準化されたデータソースに基づいて独自の分析コンテンツを構築し、その分析コンテンツを組織内でさらに広めることが可能になります。

 

Alteryx のワークフローはすべて Alteryx Server でホストされており、必要に応じて実行するようにスケジュールできます。そしてそれは完全に統合されています。つまり、データはソースから直接抽出され、ワークフローを実行してから Tableau Server に直接送られるということです。

  

Siemens 社は現在、主としてデータの準備に Alteryx を使用しています。同社は、Alteryx Designer 上でワークフローを作成し、それを Gallery とも呼ばれる Alteryx Server に公開します。Gallery では、そのワークフローを X 時間ごとに実行するようにスケジュールします。サーバー上のワークフローがワークフローを実行し、Tableau Serverに直接移動する間にデータが抽出されます。Alteryx のレポートツールを使用すると、プロセスのスムーズな動作の制御と確認ができます。たとえば、彼らは電子メールツールを使用しているため、そのワークフローで何かが失敗した場合、直ちに通知メールを受け取ります。何か問題がある場合、担当者は状況に応じて介入できます。このプロセスは、約5,000万データ行のデータ量で 2 時間ごとに実行されます。

 

 

Siemens Gas and Power 事業会社における生産性とは、同じリソースでより多く生産するか、より少ないリソースで同じ生産を達成することを意味します。同社は、生産性を追跡するために世界的に使用されている PUMA という幅広い追跡ツールを持っています。生産性トラッカーを実装するために、同社は目標の設定と潜在的な影響のブレインストーミングを行い、経済的影響を示すことができる具体的な計画を実施しました。これらの手順は生産性を追跡する方法であり、レポートにとって重要です。Tony が 2016 年にチームに参加したときは、静的な四半期ごとの PowerPoint レポートを採用しており、そのために Excel ベースの ThinkCell を使用していました。

 

2017 年に Tableau が導入されましたが、データ準備の部分はまだ Excel で行われていたため、手動のプロセスが非常に多いという状況でした。Tony がプロセスを完了するのに最大 4 時間かかりました。PUMA ツールにアクセスしてダウンロードした Excel ファイルを VBA マクロを使用して実行し、Tableau を開いてデータソースを更新してから、Tableau Server に再度公開する必要があったためです。それは約 3,000 行の VBA コードであり、維持するのは困難です。たとえ彼が自分で書いたとしても、1 年後には会計年度が変わるために何かを変更しなければなりません。それはまさに悪夢でした。また、これを他の人に引き渡すことは本当に困難でした。手動による更新ではエラーが発生しやすいという問題もありました。彼らは Excel の地獄にいることに気づき、本当にそこから抜け出したいと思っていました。Alteryx を使用している現在では、3時間ごとに自動更新が行われ、同じことをするのに Alteryx では 5 分しかかかりません。

 

 

PUMA システムは、必要な情報をすべて提供するわけではありません。たとえば、ターゲットは個別であり、履歴データは出力の一部ではありません。そのため、クラウドのファイル共有上の Alteryx データベースファイルに保存されている情報を結合します。これは非常に高速な接続であり、非常に簡単です。Alteryx ワークフローと 「Tableau Server にパブリッシュツール」を使用すると、Tableau のサーバーへの直接パブリッシュが高速化されます。また、Siemens 社では 38 万人の従業員が PUMA システムを使用しているため、Alteryx Server のワークフローを他のユーザーと共有することにより、このソリューションを会社全体に簡単に拡張できます。

 
達成したメリットを説明してください。
 

Alteryx と Tableau の組み合わせにより、シーメンスは結果を超高速で確認できます。Alteryx と Tableau は複雑な質問に極めて迅速に答えることができ、もちろん多くの手作業による労力を減らします。データをダウンロードしてスプレッドシートで実行する人が少なくなります。今やそのような人たちも実際に分析を行っており、分析は、より優れたインサイトに変換されます。

 

Alteryx と Tableau は共に、ビジネス要件の定義を支援します。自分で実装できるため、技術的エクスポートに要件を割り当てる必要はもうありません。これにより、事業部門と技術専門家の間の断絶を回避できます。現在、彼らは数か月ではなく数週間で、エンドツーエンドのビジネスソリューションを自分で実装できます。Alteryx のセルフサービス機能により、チームは分析プロジェクトを迅速に進め、プロセスと更新を完全に制御できます。

 

Alteryx は、生産性へのアクションに関するアイデアを交換するためのプラットフォームでもあります。ビジネスに関わるすべての人にとって透過的であり、Alteryx ワークフローの管理が非常に簡単であるためです。Siemens 社のほとんどのデータは ERP システムにあるため、Alteryx Server のデータ接続機能は極めて重要です。SAP HANA コネクタにより、チームは、ビジネスインテリジェンスに使用されるあらゆる運用情報をホストする SAP データすべてに簡単にアクセスできます。シーメンス内部の Alteryx コミュニティも著しい成長を見せており、組織内でのデータリテラシーの構築を支援しています。

 

関連リソース

PowerPoint プレゼンテーション全体はこちらにあります。

"
評価なし