ブログ - 日本語

アナリティクスに関する聡明な考えに触れ、インサイトとアイデアが得られます。

Blog Banner.jpg

 

 

Alteryx Intelligence Suiteの機械学習ツールキットにより、あらゆるAlteryxユーザーが高度な機械学習機能のパワーを簡単に解き放てるようになりました。  機械学習におけるベスト・イン・クラスのオープンソースソフトウェアを、Alteryxプラットフォームに、使い勝手よく統合させました。これにより、ビジネスユーザーは、データで現在をよりよく理解し、未来を予測し、価値あるインサイトを引き出すことができるようになりました。  また、ユーザーは、非ブラックボックス化されたソリューションで、すべての詳細を把握しながら、プロセスを透過的に実行することができます。 さらに、推奨事項とガイダンスの提供により、次世代の市民データサイエンティストの育成を後押しします。

 

お客様との会話から、あらたに浮かび上がったニーズがあります。それは、モデリングのサイクルのあらゆる側面を正確に制御できるDIY方式のアプローチや、ステップバイステップ方式の手順を追った機械自動化サポートだけでなく、完全に自動化されたモデリングに対するニーズも高いという点でした。  ボタンをクリックして、何千もの組み合わせを試し、データセットに最もフィットするモデルを見つけることができる機能は、ビジネスアナリスト、データサイエンティスト、およびその中間にいる誰にとっても魅力的であり、反復的なタスクを自動化し、手作業によるエラーの発生を減らすことができます。  この点を踏まえ、Intelligence Suiteの2020.3 機械学習ビルディングブロックに、新たに自動モデリングモードが追加されました。

 

自動モデリングでは、ハイパーパラメータのチューニングやその他のモデリングパイプラインの最適化を行いながら、機械学習のビルディングブロックの透過性、制御性、およびワークフローの効率性を維持したまま、ワンクリックでモデルを構築することができます。  この新しいアプローチは、アシスト付きモデリングサービスにシームレスに組み込まれ、Intelligence Suiteの既存のワークフローと互換性のあるモデルを提供することができます。 

 

Alteryxの予測モデルの構築の選択肢が増えるにあたって、ふと疑問に思うかもしれません:どのパスが最適なのだろう?と。 それは、場合によりけりです。 コーディングの経験の有無にかかわらず、Alteryxでは、最新のパスである自動モデリングを含め、一つの予測問題をさまざまな方法で簡単に解決することができます。

 

 

 

Community_Admin_0-1600295737830.jpeg

 

 

 

この新しいモデリング方法の実装に取り組んだエンジニアの一人であるJosh Herrを交えて、この新機能の詳細を探り、その驚くべき実力の数々に焦点を当ててみましょう!

自動モデリングの詳細

Alteryxでは、現行のアシスト付きモデリングシステムやDesignerアプリケーションにシームレスに統合し、自動モデリングのパワーとユーティリティの最大限の活用を叶える自動モデリングプラットフォームの構築に全力を注いできました。 まずは、Alteryxユーザーの目線でその全体像を把握し、次に、新しいワンクリックソリューションの技術的な詳細について見ていきましょう。

 

アシスト付きモデリングに慣れたユーザーであれば、モデリングのプロセスのはじめに、従来のステップバイステップのガイドでモデルを構築するか、新しい自動モードでモデルを構築するかを尋ねる、新たな手順が表示されるようになったことに気づくでしょう。 これにより、ユーザーはデプロイ用のモデルを構築する際に、最適なパスを選択することができるようになりました。 自分の知識やインサイトを活用し、モデリングの各手順を手動で制御したい場合は、ステップバイステップのプロセスの選択お勧めします。 そうでなければ、「自動」ボタンをクリックして、アルゴリズムがあなたのために力仕事をしている間にリラックスしましょう。

 

 

Community_Admin_1-1600295737841.png

 

 

アルゴリズムが数字をひも解き、ビジネスのユースケースに最適なモデルを見つけ出した後は、アシスト付きモデリングのソリューションを使用したことがある方であればお馴染みの光景を目にすることになるでしょう。 リーダーボードには、最も精度の高いモデルが表示され、モデリングの各手順が最適な順列で完了します。 これまでのようにモデルのパフォーマンスに関連する統計をチェックすることもできますし、そのモデルを機械学習ツールやPythonツールを介してキャンバスに追加することも可能です。 モデルを選択して各ツールをキャンバスに追加すると、ワークフローで新しいデータを予測できるようになります。 さらなる統計的インサイトに基づきソリューションを微調整したい場合や、自動アルゴリズムが何を選択したかを知りたい場合にも、キャンバスでツールでこれらのツールを利用することができます。

 

 

Community_Admin_2-1600295737852.png

 

 

 

自動モデリングを開始すると、内部では何が起こるのでしょうか? 最先端のデータサイエンスと統計アルゴリズムにより、データタイプ、特徴、および必要とされる変換の最適な分類が決定され、最も高い精度とパフォーマンスを備えたモデルが作成されます。 次に、複数のタイプのモデルをトレーニングし、異なるスコアリング指標を比較することで、ニーズに見合ったモデルを見定め、最も信頼できる精度が提供されます。 また、これらのモデルのトレーニングと比較のスピードを最適化することで、効率的に動作しない可能性のあるアルゴリズムやモデルの組み合わせが素早く破棄されます。 自動モデリングプロセスが、データに最適なパラメータと選択肢を提供しているかどうか確認するには、キャンバス上のツールプロパティを修正するか、またはステップバイステップのモデリング機能で他のモデルを実行してみてください。最適な選択肢が提供されていることを実感いただけるでしょう。

 

ステップバイステップのアシスト付きモードに組み込まれたモデル生成の自動化ステップで、新しいシステムやツールを学習する面倒や手間をかけることなく、シームレスな予測モデリングの旅を続けましょう。 Alteryxユーザーの皆様は、この新機能を楽しみながら、データの現状と未来を探索、理解、および推測し続けることで、予測の世界への旅をより効率化できるようになるでしょう。

 

終わりに

Joshとチームは、この新たな機能をIntelligence Suiteに統合し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるという素晴らしい偉業を成し遂げてくれました。この分野のプロダクトリーダーとして、皆様がAlteryxの革新的なデータサイエンスによって、ビジネスをインサイトに昇華させる光景を目の当たりにして、日々よい刺激をいただいています。  機械学習の自動化で、皆様がこれまで以上のスピードでデータから価値をもたらすようになることを楽しみにしています。

 

Intelligence Suite スターターキットを今すぐダウンロードして、サンプルデータ、ワークフロー、ユースケースを含む構築済みのテンプレートをお試しください。 アカウント担当者に連絡して、2020.2以降のDesignerで利用可能なAlteryx Intelligence Suiteのライセンスを入手し、組織全体でデータサイエンスの作成と民主化をスタートしませんか。 担当者が不明、もしくは開始方法について質問がある場合は、サポートコンタクトポータルにアクセスし、Intelligence Suiteへのアクセスをリクエストを選択いただければ、セットアップをお手伝いさせていただきます。Alteryxのコードフリーの高度な分析で問題解決を叶えましょう。