ブログ - 日本語

アナリティクスに関する聡明な考えに触れ、インサイトとアイデアが得られます。
Garabujo7
Alteryx
Alteryx

現代、大規模なデータが存在し、分析が困難でありましたが、今後からは「Alteryx」で大規模な情報を扱うことが可能となりました。

 

「Alteryx In-DB」処理の主な利点はご利用者が「SQL言語」を書くことが必要ではなく、ウィザードのみで簡単にご利用頂けることです。

 

更なる利点としては、データの移動が必要でないためデータの処理や分析やブレンディングの処理時間を節約することが出来ることです。

 

以下の画像は「Alteryx Designer」の「インデータベース」(In-DB)メニューバーです。

 

 

Garabujo7_0-1617294198073.png

 

 

In-DB処理を行うためには、お客様がご使用になっているデータベースが次のように現れなければなりません(記事参照:https://help.alteryx.com/ja/current/designer/database-overview」)。

 

 

Garabujo7_1-1617294339053.png

 

 

 

例えば、In-DBドライバーの設定のし方では:

 

「SQL Server」データベースがあり、接続する前に、メニューバーのオプションをクリックして頂いて、詳細オプションを選択して頂き、「In-DB接続の管理」を押して頂きます。

 

Garabujo7_2-1617294435420.png

 

 

「In-DB」という最初の項目で「Microsoft SQL Server」をクリックして下さい。

 

Garabujo7_3-1617294519172.png

 

 

「接続タイプ」という二つ目の項目では「ユーザー」を選択して頂きます。

 

Garabujo7_4-1617294647360.png

 

 

「新規」ボタンをクリックし、「接続名」という次の項目に接続の名前を入力して下さい。

 

Garabujo7_5-1617294672351.png

 

 

そして、読み取りのタブで、「ドライバー」に「SQL Server ODBC」を選択して頂き、接続文字列フィールドで、データベースの接続文字列をご記入し、右隣の「□」をクリックして、「新しいデータベース接続…」を押して頂きます。

 

Garabujo7_6-1617294702082.png

 

 

下記のようなウィンドウが開くので「ODBC管理者」ボタンを押して下さい。

 

 

Garabujo7_7-1617294803018.png

 

 

 

次に、「System DSN」タブで、「Add」をクリックして頂きます。

 

Garabujo7_8-1617294891467.png

 

 

「SQL Server Native Client 11.0」を選択し、「Finish」ボタンをクリックして下さい。

 

Garabujo7_9-1617294937237.png

 

 

「Name」にSQL  Server名を記入し、「Server」にデータベースサーバ名を入力し、「Finish」ボタンをクリックして下さい。

 

 

Garabujo7_10-1617294982094.png

 

 

 

お客様のシステムに応じてログイン方法を選択して頂いてから、「Next」ボタンを押して下さい。

 

 

Garabujo7_11-1617295066873.png

 

 

 

「Change the default database to」にクリックして、お望(のぞ)みのデフォルトデータベースを選択し、「Next」ボタンをクリックして頂きます。

 

 

Garabujo7_12-1617295086745.png

 

 

以下(いか)のような画像では何もクリックせず、「Finish」ボタンを押して下さい。

 

 

Garabujo7_13-1617295118356.png

 

 

次のウィンドウでは「OK」を押して頂きます。

 

 

Garabujo7_14-1617295136142.png

 

 

In-DB接続の管理ウインドウで、書き込みタブを押し、ドライバーで「読み込みドライバーと同じ」を選択して下さい。

 

最後に、「OK」ボタンをクリックして頂きます。

 

Garabujo7_15-1617295256048.png

 

 

すると、In-DB機能が設定されるので、「In-DBメニュー」からキャンバスに接続In-DBツールをドロップして下さい。

 

 

Garabujo7_16-1617295279492.png

 

 

左隣に「接続名」をクリックし、お客様のデータベース接続を選択して頂けます。

 

Garabujo7_17-1617295300354.png

 

 

ヴィジュアルクエリビルダを開き、右隣の欄で、お望みのデータベースを選択し、「OK」ボタンを押して下さい。

 

 

Garabujo7_18-1617295348820.png

 

 

閲覧In-DBツールをドラグして頂ます。

 

Garabujo7_19-1617295435667.png

 

 

「実行」ボタンを押すと、以下の様なデータが表示されます。

 

 

Garabujo7_20-1617295514093.png

 

 

これで、今後In-DB処理をすることでデータ分析の時間が更に短縮するかつ、簡単になります。

 

ご質問など御座いましたら、是非、以下でコメントして下さい。