2022.1.1.30569 Patch Release Update

The 2022.1.1.30569 Patch/Minor release has been removed from the Download Portal due to a missing signature in some of the included files. This causes the files to not be recognized as valid files provided by Alteryx and might trigger warning messages by some 3rd party programs. If you installed the 2022.1.1.30569 release, we recommend that you reinstall the patch.
Free Trial

ナレッジベース - 日本語

エキスパートから学ぶ。
ワークフローの作成では、ユーザーはデータベース接続を含むワークフローをサーバーあるいはスケジューラにプッシュする必要があります。  正しく設定されていない場合、これがよくあるエラーの原因になります。   サンプルエラー: エイリアスを翻訳できない データソース名が見つからず、またデフォルトドライバが指定されていない アクセス許可エラー データベース接続を設定するために、スケジューラとサーバーがどのように動作するか復習しましょう。   ワークフローを公開またはスケジュールするとき、どのユーザーがそのワークフローを実行し、またこれに対応するために接続をどのように設定すればよいですか?   ワークフローを Alteryx Designer のローカルで実行するとき、その時にログインしているユーザーとして実行します。  そのワークフローをスケジュールまたはサーバーにプッシュするときは、ローカルシステムアカウントとして実行します(ログインしているユーザーではなく)。  Windows 認証を使用してデータベースを設定すると、ワークフローは基本的にサーバー上で別のユーザーとして実行されるため、つまり認証を受けられず、エラーとなります。    これに対処するには、データベースのローカルシステムアカウントの許可を DBA に申請するか、Alteryx のシステム設定で Run As ユーザーを設定します。  Run As ユーザーを設定することで、ワークフローは別の資格情報で実行できるようになります。実行資格情報は、いちかばちかのソリューションで、設定すると、すべてのワークフローが特定のユーザーとして実行されることにご注意ください。  これについて詳細は、こちらとこちらでご覧ください。  Alteryx Server の最近のバージョンでは、サーバー管理者に設定を確認させ、ユーザーがギャラリーで実行する時にワークフローごとに Run As を設定することができます。  このオプションの詳細はこちらをご覧ください。    ドライバをどのように設定すればよいですか?    Alteryx でデータベースに接続するために、対応ドライバをインストールする必要があります。  お客様固有のデータベース用対応ドライバの検索は、Alteryx の技術仕様ページでお客様のデータベースをクリックします。  データベースの対応バージョンも合わせてご用意ください。   ドライバは、ローカルマシンおよびサーバーにインストールされ、同じドライバである必要があります。  例えば、ローカルマシンでSQL Server Native Client 11 を使用して SQL Server に接続する場合、そのサーバーもSQL Server Native Client 11を使用していなければなりません。  お客様のサーバーに複数のワーカーがあり、それぞれがドライバを持たなければならない場合にもご注意ください。   接続をどのように設定すればよいですか?   DSN 接続 Alteryx で接続文字列を設定する方法は2つあります。  最も一般的で簡単な方法は、DSN を参照する接続方法です。  これは Alteryx で「デフォルト」に設定されている接続方法です。  文字列が DSN を参照しているかは、通常は「DSN」という言葉が含まれているのでわかります。    例:"odbc: DSN=MYSQL_PROD_DB"   接続文字列を確認するには、DB に接続した後にデータ入力ツールを確認するか、オプション> アドバンスオプション> データ接続の管理へ進み、保存されている接続を表示します。   サーバーまたはスケジューラで DSN 接続を使用したい場合、DSN と全く同じ名前がサーバーに存在しているか確認してください。    さらに、「Run As」ユーザーとしてログインしていない限り、ユーザー DSN の設定に注意を払う必要があります。  ユーザー DSN を Run As アカウントを含めた全ユーザーに設定する場合も、全ユーザーに有効なシステム DSN 接続を Alteryx で作成することができます。  データ接続の管理インターフェイスを介して Alteryx に保存するシステム接続を作成するときは、そのオプションを表示するために管理者として Alteryx を実行する必要があります。   DSN-Less 接続文字列   DSN を設定したくない場合、DSN レス接続文字列を利用することができます。  これを行うには、接続文字列に関する知識が必要です。あるいはお客様の DBA にヘルプを依頼する必要があります。  文字列を書くときに、こちらが良い参考になります。connectionstrings.com  このような文字列を書くとき、Alteryx での設定方法と、サイトが示していることとの唯一の違いは、odbc:(odbc) またはodb:(oledb) を文字列の始めに加える必要があることです。   以下は SQL Server 用の DSN レス接続文字列の例です(SQL Server Native Client 11 driver を使用していると仮定しています) Standard security example odbc: Driver={SQL Server Native Client 11.0};Server=myServerAddress; Database=myDataBase;Uid=myUsername;Pwd=myPassword; Trusted Connection example odbc: Driver={SQL Server Native Client 11.0};Server=myServerAddress; Database=myDataBase;Trusted_Connection=yes;   ユーザーに共有されるギャラリーデータ接続はどのように行われますか?   一般的に、ユーザーに共有する場合として文字列を書けるのであれば、DSN レス文字列がギャラリーデータ接続への最も簡単な対応方法です。正しいドライバさえインストールされていれば問題ありません(DSN をセットアップする必要はありません)。  DSN を参照するギャラリー接続を使用する場合、ユーザーは同じ名前の DSN を設定する必要があることを必ずユーザーに通達してください。    また、データベースに Windows 認証を使用している場合、サーバーで Run As ユーザーによるギャラリーデータ接続を必ず共有してください。   最後に、サーバーマシンが共有の接続を受け取ることができるようにギャラリーに「サインイン」していることを確認してください。
記事全体を表示
質問 サーバー/ギャラリー/スケジューラの問題をトラブルシューティングするために、 Alteryx カスタマーサポート はどのような情報が必要ですか?   回答 簡単なソリューションがない場合、お客様の問題のトラブルシューティングにサーバー/ギャラリーサポートが必要とするスクリーンショット、ファイル、またはエラーログをご提供いただくようお願いすることがあります。   以下を、 support@alteryx.com にメールで送信してください。ファイルが大きい場合、カスタマーサポートエンジニアが別の転送手段を設定いたします。   送信するもの   1. ログ-ログ-ログ! 当社はエラーと警告を見るため、問題の原因を得るためにログは最良の手段となります。Alteryx ログ(ギャラリー、サービス、およびエンジン)には、エラー/クラッシュの時間を示すログ(エラー/クラッシュの直前と直後のログ)を含めてください。  問題が継続している場合、最新のログを含めてください。   必要なログ: ギャラリー サービス エンジン   デフォルトパス: Gallery のログ(/ProgramData/Alteryx/Gallery/Logs) Service のログ(/ProgramData/Alteryx/Service/AlteryxServiceLog.log) Engine のログ(/ProgramData/Alteryx/ErrorLogs)   サーバーで、上記のパスにログがない場合、オプション >> ユーザー設定 >> システム設定 をクリックし、ログが書かれているパスのメモを取ってください。次に、そのロケーションを探して、ログを送信してください。パスがまだ設定されていない場合、パスを選んで、ワークフローを再度実行してエラーを発生させ、その後ログを送信してください。   エンジンのログのパスを特定:     サービス ログのパスを特定:   ギャラリー ログのパスを特定:   サーバーを使用していない場合、おそらくデスクトップインストレーションを使用していて、ログは、C:/Program Data/Alteryx/Engine にあります。  しかし、デスクトップでこのパスにログがない場合、オプション >> ユーザー設定 >> システム設定 をクリックし、ログが書かれているパスのメモを取ってください。  次に、それを探して、ログを送信してください。  パスがまだ設定されていない場合、パスを選んで、ワークフローを再実行してエラーを発生させ、その後ログを送信してください。ディレクトリがない場合、「システム設定の上書き」を確認し、「ログディレクトリ」のパスを入力します。ワークフローを再実行してエラーを発生させ、新しいログファイルを送信してください。         2. Windows イベントログ - イベントログからシステムやセキュリティ問題の追跡に役立つ履歴情報が得られます。システムとアプリケーションのログを evtx 形式で提供してください。   任意 – カスタマーサポートエンジニアが指定してリクエストする場合のみ: Windows スタートメニューから、「イベント」を検索し、イベントビューアを選択します。 Windows ログを展開して、「アプリケーション」を右クリックし、「すべてのイベントを名前をつけて保存」を選択し、*.evfxファイルとして保存します 「システム」を右クリックし、「すべてのイベントを名前を付けて保存」を選択し、*.evtxファイルとして保存します     3.  システム情報 - オペレーティングシステムがログを記録したレコードイベント、またはそのコンポーネント。起動時のサービス開始の失敗など。 システム情報(別名 exe)はお客様のコンピューターのハードウェア設定、コンピューターコンポーネント、ソフトウェアなど、ドライバーも含め詳細を示しています 。 任意 – カスタマーサポートエンジニアが特定してリクエストする場合のみ: [スタート] をクリックし、プログラムとファイルの検索フィールドに、msinfo32.exe と入力します。  ファイル >> 保存 の順にクリックし、.nfoファイルとして保存します。      Alteryx ログに関する詳細は、リソースをご覧ください!
記事全体を表示
質問 サーバー/ギャラリー/スケジューラの問題をトラブルシューティングするために、Alteryx カスタマーサポートはどのような情報が必要ですか?   回答 簡単なソリューションがない場合、お客様の問題のトラブルシューティングにサーバー/ギャラリーサポートが必要とするスクリーンショット、ファイル、および/またはエラーログをご提供いただくようお願いすることがあります。   以下を、support@alteryx.com にメールで送信してください。ファイルが大きい場合、カスタマーサポートエンジニアが別の転送手段を設定します。   送信するもの   1. エラーのスクリーンショット - エラーメッセージのスクリーンショットを送信してください。CTRL-PrintScreen をクリックしてエラーをキャプチャし、メールに貼り付けます。注記:お客様のエラーに関する情報がないかエラーメッセージのテキストをGoogleで検索することを考えられるかと思います。ナレッジベースでもエラーメッセージのテキストを検索していただけます。   2. システム設定のスクリーンショット – コントロールパネル >> すべてのコントロールパネルアイテム >> システム をクリックします。お客様の問題を再現するために、類似した設定のシステム設定が必要です。       3. Alteryx バージョン – カスタマーサポートエンジニアは、どんな問題も再現できるように、正確なバージョン情報が必要です。どのバージョンの Alteryx をインストールしていますか?Alteryx で、ヘルプ >> Alteryx Designer についてをクリックしてスクリーンショットを送信していただくか、正確なバージョン番号をご連絡ください。     4. サーバーまたはデスクトップのどちらのインストールを使用していますか? 管理者または非管理者(ユーザー)ですか?    お客様の Alteryx インスタンスのインストールパスを確認してご連絡ください。   管理者インストールのデフォルト – C:/Program Files/Alteryx     非管理者(ユーザー)インストールのデフォルト - C:/Users/ /AppData/Roaming/Alteryx         5. RuntimeSettings.xml – このファイルはお客様固有のインスタンス設定に関する役立つ情報となります。デフォルトのロケーションは、お客様のインストールが管理者または非管理者(ユーザー)かによりますが、上記のディレクトリです。デフォルトのディレクトリになくとも、RuntimeSettings.xmlは必ずあるので、ファイル名のディスク検索で探すことができます。   6. LastStartupError.txt ファイルの確認 このファイルは、システム設定のセットと同じパスにあります: コントローラ >> 一般 >> ログ デフォルト: C:/ProgramData/Alteryx/Service お客様の問題を特定するために有用なメッセージが含まれている可能性があります。   この記事が役に立ったら、Alteryx/Windows ログでこちらもご覧ください!Part 2: サーバー/ギャラリー/スケジューラのトラブルシューティングに、サポートは何が必要ですか?
記事全体を表示
これは非常によくあるエラーで、予期せず AlterixService がシャットダウンすると発生します。このエラーは通常、MongoDB が正常にシャットダウンせず、ロックファイルがリリースされないことが原因で発生します。このことにより、次回 AlteryxService を起動しようとするときに MongoDB の起動が妨げられ、以下に類似したエラーメッセージが表示されます。   「Mongo 接続に失敗しました。サーバーアドレスと資格情報が正しいことを確認してください。」   このエラーを解決するには、まず以下のステップに従ってください   システム設定->コントローラ->永続化 の順に進み、MongoDB がインストールされている場所を特定します Windows のフォルダ参照を開き、そのフォルダに移動します mongod.lock ファイルが正常であるか確認します ファイルにデータが入っている場合(通常であれば1k)、以下のステップへ進む前に、まずサーバーインスタンスをクローンすることを推奨します(破損の事態に備えて)。サーバーインスタンスのクローンを行うサポートは、カスタマーサポートにご連絡ください。   mongod.lock ファイルを削除または名前を変更します ウィンドウ内で右クリックし、新規->テキストドキュメント を選択します ドキュメントの mongod.lock の名前を変更します(フォルダの拡張子を表示するが有効になっていることを確認します。そうでなければ、このファイルは実際は、mongod.lock.txtになります) Windows のコマンドプロンプトを開き、/Alteryx/binディレクトリに移動します(例: cd "/Program files/Alteryx/bin") すべてがクリーンな状態かどうかを確認するために MongoDB サービスを起動します  mongod --dbpath "folder path from system settings" --auth --port 27018   クリーンではない(不明確な)シャットダウンがあると、データの再割り当てに数分かかる場合があります。 「Waiting for connections on port 27018」という行を探し、それが現れたら、キーボードの Ctrl+c キーを押してサービスをシャットダウンします AlteryxService を起動します。 コマンドプロンプトに以下を入力して行えます: sc start AlteryxService タスクマネージャ->詳細(またはプロセス)を確認して、AlteryxService のプロセスが起動しているか確かめます lock ファイルが正常な場合    Windows のコマンドプロンプトを開き、/Alteryx/bin ディレクトリに移動します(例: cd "/Program files/Alteryx/bin") テストモードで AlteryxService を実行し、実際のエラーを特定します:AlteryxService test エラーの原因をすぐに特定できない場合、サービスログファイル(パスは、システム設定->コントローラ->一般 で確認できます)を当社に送信してください
記事全体を表示
ここ最近、SSL 証明書のインストール方法、Alteryx Server で SSL 証明書を使用するための設定方法など、SSL 証明書に関する質問を複数いただいています。Alteryx Server インストール/設定ガイドに Alteryx Server にSSLを有効にする方法を掲載していますが、証明書の取得や、取得した証明書を Alteryx Server で使用できるようインストールする方法については掲載されていませんでした。   Alteryx Server で使えるように SSL 証明書を取得するために利用できるツールや手段は複数あります。  この記事では、OpenSSL を使用した証明機関(CA)に送信する証明書署名要求(CSR)の作成、自己署名証明書の生成、証明書のインストール、証明書を使用するために Alteryx Server を設定する方法を取り上げています。   注記:ご使用中のサーバーに OpenSSL がインストールされていない場合、Win32用またはWin64用のプリコンパイル版のバイナリをこちらからダウンロードできます。https://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html Alteryx は OpenSSL の開発とメンテナンスに関与していないこと、Alteryx は OpenSSL プロジェクトもしくはこのプリコンパイル版バイナリのプロバイダと提携関係が一切ないことをご留意ください。したがって、OpenSSL の実装はご自身が使いやすいようにお使いください。   OpenSSL で証明書署名要求を作成する:   CSR を生成するには、サーバーで管理者としてコマンドプロンプトを開き、OpenSSL.exe と設定ファイルが格納されているディレクトリに移動します。そこで以下のコマンドを実行します。   openssl.exe req -config openssl.cfg -out ServerName.csr -new -newkey rsa:2048 -nodes -keyout ServerName.key   お客様の組織とサーバーに関して複数の質問に回答するプロンプトが表示されます。参考のために参照用スクリーンショットを示していますが、ご自身の組織とサーバーの情報に基づいて回答してください。     このコマンドにより、同じディレクトリに2つのファイル(拡張子は.csrと.key)が作成されます。この2つのファイルは証明書を作成するために証明機関に送信するときに必要になります。証明機関は社内証明機関でも、Verisign、GeoTrust、DigiCert、Entrust、StartComといった公共の証明機関でも構いません。証明機関からは、署名付き証明書(.crt、.cer、.pem、または、.pfxファイル)が返送されます。   OpenSSL で自己署名証明書を作成する:   自己署名証明書の生成にも OpenSSL を使用できます。これはプロダクション環境では推奨されませんが、おそらく自己署名証明書を作成したい理由は多数あると思います。開発環境やラボ環境、また公共の証明機関から証明書を購入する前に機能確認のテストを行いたい場合といった理由が考えられます。理由を問わず、以下の手順で行うことができます。   管理者としてコマンドプロンプトを開き、OpenSSL ディレクトリに移動します。そのディレクトリで、以下のコマンドを実行します。   openssl.exe req -config openssl.cfg -x509 -sha256 -nodes -days 365 -newkey rsa:2048 -keyout ServerName.key -out ServerName.crt openssl.exe pkcs12 -export -out ServerName.pfx -inkey ServerName.key -in ServerName.crt   1つ目のコマンドは、自己署名証明書(.crt file)と秘密キー(.key file)を生成します。2つ目のコマンドは、生成された証明書とキーから、証明書とキーファイルを組み合わせた.pfx形式のファイルを作成します。CSR を生成する場合も、このときと同じあるいは類似の質問への回答を求められることをご留意ください。以下のスクリーンショットを参照してください。       注記:先に述べたように、当社ではプロダクション環境では自己署名証明書の使用を推奨いたしません。   証明書をインストールする:   証明機関から自己署名証明書を受け取る、または自己署名証明書を生成したら、それをインストールします。証明書のインストールには、Microsoft Management Console(MMC)を開いて、以下の手順で証明書スナップインにアクセスします。   [スタート]、[実行] の順にクリックします。 コマンドラインに、MMC とタイプし、[OK] をクリックします。 Microsoft Management Console(MMC)で、ファイルメニューから、[スナップインの追加と削除] をクリックします。 スナップインの追加と削除ダイアログボックスで、[追加] をクリックします。 スタンドアロンスナップインの追加ダイアログボックスで、証明書を選択し、[追加] をクリックします。 証明書スナップインダイアログボックスで、証明書をすべてのユーザーが利用可能にする必要があるため、コンピューターアカウントラジオボタンを選択し、[次へ] をクリックします。 コンピューターの選択ダイアログボックスで、デフォルトのローカルコンピューター:(コンソールを実行しているコンピューター)が選択された状態で、[完了] をクリックします。 スタンドアロンスナップインの追加ダイアログボックスで、[閉じる] をクリックします。 スナップインの追加と削除のダイアログボックスで、[OK] をクリックします。   次に、実際に証明書をインポートします。これを行うには、以下の手順を実行します:   [証明書] > [個人] の順に展開します。 個人にある証明書を右クリックします。 [すべてのタスク] > [インポート] を選択します。     証明書のインポートウィザードが開きます。     [次へ]をクリックします       証明機関から提供された証明書、または自己署名のインストラクションで生成された pfx ファイルを参照します [次へ]をクリックします   自己署名証明書、または証明機関が発行した秘密キーを含む証明書を使用している場合、パスワード/フレーズを入力します。それ以外の場合は、このステップはインポートウィザードでは省略されます。     パスワードを入力します この秘密キーをエクスポート可能としてマークするボックスにチェックを入れます [次へ]をクリックします   次の画面で、証明書を配置する場所を確認します。証明書ストアは既に「個人」に設定されているはずです。      必要に応じて、証明書ストアを個人に設定します [次へ] をクリックします 次の画面で、[完了] をクリックします   自己署名証明書をインストールしている場合、ローカルサーバーを信頼された機関として確立するためにこれらのステップを繰り返して行う必要があります。これを行うには、上記と同じステップに従って、証明書のインストールをもう一度行います。今回を除いては、個人ストアではなく、信頼するルート証明機関ストアに証明書をインストールします。これを行うには、信頼するルート証明書機関を展開し、証明書を右クリックし、[すべてのタスク] > [インポート] を選択するか、インポートウィザードの最後で証明書ストアを変更します。       Alteryx Server で証明書を使用するための設定:   この時点で、Alteryx Server インストール/設定ガイドの詳細インストラクションに従って、設定を完了することができます。あるいは(また完了確認のため)、以下の略式のインストラクションを続けて行います。   まず、上記でインストールした証明書用の証明書の拇印を取得する必要があります。インストールした証明書を右クリックして、[MMC] > [証明書] > [個人] > [証明書] の順に進み、[開く] を選択します。インストールした証明書の証明書ダイアログが開きます。そこで、詳細タブを選択し、拇印フィールドを探します。値をコピーし、そこにあるスペースをすべて削除します(例:74d4ca722e2954cd225f9b4697d2fc7f6747194c)。     次に、証明書に http ポート 443をバインドします。これを行うには、再度、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。以下のコマンドを実行し、certhash とキャプチャした拇印の値との置換を行ってください。   netsh http add sslcert ipport=0.0.0.0:443 certhash=‎74d4ca722e2954cd225f9b4697d2fc7f6747194c appid={eea9431a-a3d4-4c9b-9f9a-b83916c11c67}     このバインドが正しいか確認するには、以下のコマンドを実行します。   netsh http show sslcert       注記:期限切れもしくは期限が近い証明書を更新する場合、現在のバインド(netsh http delete sslcert ipport=0.0.0.0:443)を削除し、新しい証明書の拇印をキャプチャして上記のインストラクションで証明書を再度バインドする必要があります。   最後のステップとして、ギャラリーサービスに SSL の使用を設定します。これを行うには、Alteryx システム設定を開いて、ギャラリー > 一般 に到達するまで [次へ] をクリックします。基本アドレスセクションが表示されたら、SSL を有効にするボックスにチェックを入れます。そして [次へ]、[終了] または [完了] の適切な方をクリックして設定変更を適用し、Alteryx サービスを再起動します。     注記:URLは証明書が発行された名前に合わせる必要があります。したがって、証明書がサーバーの完全修飾ドメイン名(例 hostname.domain.tld)に発行されたならば、こちら(https://hostname.domain.tld/gallery/)を使用して、お客様の URL をこれに合わせる必要があります。証明書が単純にホストネームに発行された場合、こちら(https://hostname/gallery/)を使用します。URL が証明書に合致しないと、サービスは正常に起動しません。       該当するバージョン:Alteryx Server 10.0および10.1 クレジット:
記事全体を表示