ナレッジベース - 日本語

エキスパートから学ぶ。

ツールマスタリー | 集計

Alteryx Community Team
Alteryx Community Team
Created

1.png

この記事はツールマスタリーシリーズの一部で、Designer ツールの使用に役立つさまざまな活用例をナレッジベースにまとめたものです。ここでは、Alteryx Designer を習得マスターするための一歩として、集計ツールの使用について深く掘り下げて説明します。

 

平均的なフットボールの試合は 3 時間 12 分続き、プレイ時間は約 11 分に過ぎないことをご存知ですか?試合を見ながらドリトスを食べるのもいいですが、無駄を省くために試合のハイライトだけ見るのも悪くはありません。集計ツールを使ってみるのもこんな時にいいでしょう。データの最も効果的なコミュニケーションが、最も簡潔なサマリーとなります。保管用に文字列の連結、読みやすさの向上のためのレポートのマージ、空間オブジェクトの相互作用、データのグループ化に使用する平均やその他の式の計算など、集計ツールはデータをより有益なものに再構成できます。この記事では、その方法に関するいくつかの例を示します。

 

  • 集計ツールには、数値、文字列、空間オブジェクト、行動プロファイル、レポート要素など、ほぼすべてのデータ型に対応する有用性があります。(ここにある集計プロセスのリストから)いくつかの便利なアクションの名前を挙げると、数値の合計、平均化、パーセンタイルに変換、または標準偏差を見つけるためなどさまざまな用途で使用できます。また、多くのファイナンス計算にも使用できます。文字列は、選択した区切り文字と簡単に連結したり、グループ内で最長または最短の文字列を
    識別します。空間の使用に長けている方であれば、空間オブジェクトを組み合わせたり、それらを使用して交差点、境界矩形、凸包、および重心を作成することもできます。ツールを使用して、それぞれのグループにあるレコードをカウントしたり、それらの最小値または最大値を特定することもできます。必須ではありませんが、これらのプロセスまたはアクションは、1つまたは複数のフィールドで「グループ化」アクションを使用して、データで指定されたグループ全体で集約できます。選択したフィールドでグループ化を適用すると、ユニーク値を共有するデータセット内の一連のレコードにアクションが適用されます。参考までに、集計ツールが変換できる各データ型の使用法を示す v10.6 のワークフロー(Summarize Tool.yxmd)を添付しました。
  • 集計されたデータが提供する情報の粒度が好きで、元のデータセットを補完したい場合、グループ化フィールドを結合フィールドとして使用して 2 つを結合できます(結合の冗長フィールドを選択解除してください!)。添付の v10.6 Summarize Count Field Append.yxzp は、 この例を提供します(以下の「CustomerSegment Count」フィールドの追加を参照)。

2.png

 

3.png

 

  • 集計ツールは、データを再構成するためにも使用できます。最初の連結された行を簡単に列に変換できる別の変換ツールであるクロスタブと同様です(列分割ツールを使用)。添付の Summarize Reshape.yxzp は、v10.6 でのこの再構成を示しています。

 

4.png

 

5.png


最後に、集計ツールを使うのが好きだけど、各アクションの接頭辞を追加した後にフィールドの名前を変更することに時間を費やしている場合(あなたが求める基準は高いということは知っています。それがAlteryx を使用する理由ですものね)、添付の v10.6 ワークフローでアプローチをエミュレートしてみてください 。Trim Summarize or Join Prefixes.yxzp を使用して削除します。


これで、集計ツールのエキスパートレベルの習熟度が得られました。他にもユースケースをご存知の場合は、以下のコメント欄でお知らせください!もうツールマスターですか?あなたの作成したクリエイティブなツールをツールマスタリーシリーズに掲載したい場合は、community@alteryx.comでお知らせください。

 

Twitter で  Alteryx をフォロー して Tool Tuesday の最新の投稿をご確認ください!Designer ツールのすべてをマスターしたい方は、 メールでのお知らせ登録されることをお薦めします。