2024年1月末をもちまして、ウィークリーチャレンジINDEXページから過去30日間のトップ解決策投稿者とトップチャレンジャーランキングセクションを削除いたします。ご心配なく、これらのランキングがなくなってしまうわけではありません。Top Contributors (Alter.Nation内 月間トップ貢献者ポスト・英語のみ)ブログページにて、トップ解決策投稿者は月間発表、トップチャレンジャーは各四半期末ごとの表彰を行います。
Free Trial

ウィークリーチャレンジ

トップになるためのスキルをお持ちですか? ウィークリーチャレンジを購読しましょう。ベストを尽くして問題を解決し、解決策を共有して、他のユーザーがどのように同じ問題に取り組んだのか確認しましょう。私たちも解答例を共有しています。

チャレンジ #1: 範囲に結合

SaoriG
Alteryx Alumni (Retired)

オーストラリアのある会社は、いくつかのデータフィールドの間で一連の郵便番号 (例えば200020012002など) で構成されるソースデータを持っています。彼らはメインデータを一致/フィルタリングするために使用したい郵便番号の範囲 (例えば 2000から2002) を含む別の参照テーブルを持っています。

 

各顧客レコードは、郵便番号領域の範囲 (Range)に基づいてルックアップテーブルに結合する必要があります。最後に、地域 (Region)、営業担当者 (Sales Rep)、およびレスポンダー (Responder)によって顧客データを集計し、次に顧客数を計算しましょう。

 

 

チャレンジしてくださったみなさん、ありがとうございます。

解決策を投稿してくださったSuzuさん、ありがとうございます。

 

解決策はひとつではありません。こちらに Alteryx の提案する解決方法をアップロードしたのでチェックしてみてください。これは、[行生成] ツールを使用して問題を解決する良い例の一つです。

 

Suzu
コメット

私の解答です。

 

スポイラ
03260001.png
DaisukeTsuchiya
パルサー

Advanced Joinを使うのは反則でしょうか?

hhimeno
メテオール

日本語版のWeeklyChallengeあったんですね!

初参加させていただきます。

 

GenerateRowsでやってみました。

Qiu
20 - Arcturus
20 - Arcturus

行生成と統合以外の方法がありませんでしょうか。

英語のほうの回答もみましたが、行生成と統合のどちらですね。

voovovo
アステロイド

初めてのウィークリーチャレンジなのでとりあえず#1から挑戦。

 

Tokimatsu
クエーサー

あえてタイルを使ってみました。

スポイラ
2020-06-23_18h04_10.png

AkimasaKajitani
17 - Castor
17 - Castor

やり残していたのでやってみました。

当時(もリアルタイムではなかったですが)、ソリューションファイルと同じになったのでアップをやめた記憶があります。

 

スポイラ
行生成使うパターンが好みです。

AkimasaKajitani_0-1599275902255.png

 

AkimasaKajitani
17 - Castor
17 - Castor

@Tokimatsu なるほど!Postalが20ごとにRegion別れているのでタイルが使えるわけですね・・・データのパターンをうまくついたやり方で、、、おみそれしました!

Hisakazu
アトム

Solutionとまったく同じになってしまいました。

[行生成]の使い方の例としては確かにわかりやすいですね。