Free Trial

ウィークリーチャレンジ - 日本語

トップになるためのスキルをお持ちですか? ウィークリーチャレンジを購読しましょう。ベストを尽くして問題を解決し、解決策を共有して、他のユーザーがどのように同じ問題に取り組んだのか確認しましょう。私たちも解答例を共有しています。

チャレンジ #135: 迷子のペットを見つけて

mfujita
アステロイド

久しぶりに投稿します。

スポイラ
同じフローに続けて2回ポイント作成ツールを使うとワーニングになるので、首をひねっていたのですが
皆さんの投稿を見て、Join前にポイント作成ツールを使ってしまうとJoinで名称が自動変更されるので良いのだなと気づきました。
mfujita_0-1632890793233.png

 

Vanzeup7
アステロイド

DistanceとTrade Areaの2パターンで作ってみました。

 

スポイラ
Vanzeup7_0-1632927726289.png

 

Masaru_Hirose
アステロイド

諸事情あってフォーマットが違いますが・・・

Masaru_Hirose
アステロイド

間違ってたので修正しました。
Owner InfoのAnimal IDはUniqueじゃないみたいです。

GenMizushi
アステロイド

できましたー!

経度、緯度の情報からポイントデータを作って、ポイントデータ同士で距離を求める!すごい便利です♪

ちなみに・・・住所の情報から経度、緯度の情報に変換するというのも、Alteryxで出来るのかな?

 

ワークフロー1.pngワークフロー2.png

ntakeda
ボリード

問題がわかりやすいので、作成しやすかったです。

スポイラ
ntakeda_0-1654278183995.png

 

dyamaguchi
アステロイド

投稿します。

スポイラ
Snipaste_2022-06-27_15-53-17.png

Ayumu
メテオロイド

トライ

Mukai
コメット

投稿します。

スポイラ
Mukai_0-1657587117984.png

 

Yoshiro_Fujimori
ボリード

回答します。

Spatialツール類を主に使う方法と、Formulaツールを使う方法の2通りでやってみました。

スポイラ
Trade Areaで範囲を作ってSpatial Matchで絞り込む方法だと、無駄な計算が多くなって時間がかかりました。
当たり前かもしれませんが、Formulaツールで距離を計算するほうが早いですね。
Yoshiro_Fujimori_0-1666928447876.png